映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

裏ジャンルとは

裏ジャンルとは

投稿日:4月 9, 2019 更新日:

それぞれのジャンルが成り立つ3つのポイント

この本より以下を抜粋

①家のなかのモンスター

・モンスター
超自然的なパワー――たとえその力の源泉が狂喜であっても――を持ち、その本質は悪。
水を嫌う署長のも襲う鮫、など。
・家
閉ざされた空間を意味し、家族という単位でも、町全体でも、あるいは”世界”でもない
・罪
誰かが家にモンスターを連れてきた罪を負っている、その罪科には無知も含まれ得る。

②金の羊毛

・道
海、時間、通りをわたるだけなど、何でも可。
成長の境界線となっていればOK。
たいていは旅を停止させる”道端のリンゴ”が転がっている
・チーム、相棒
そのメンバーは主人公に欠けているもの、スキル、経験、姿勢などを持っている
・報酬
目的のこと。帰郷、財産、生得権の再獲得など、原始的なものであること

③魔法のランプ

・願い
主人公が求める、あるいは誰かから頼まれる”願い”と、普通の状態から脱しなくてはならないことの必要性が明白であること
・魔力
“魔力”という非合理的なものを成立させるために、我々は”諸ルール”を守ることで合理的であらねばならない。
たとえどんなに”盲信二段重ね”を使いたくなっても
・教訓
何を願うかにご用心!それはあらゆる”魔法のランプ”映画を貫くテーマであるから
人生はあるがままでいいもんだ

④難題に直面した平凡な奴

・無垢な主人公
“無垢な主人公”が望みもしないトラブルに巻き込まれる。
どうやって関わり合いになったのか、本人は気づいてさえなかったりする。
・突然の出来事
我々の無垢人を苦難の世界へと押しやる”突然の出来事”は警告もなく引きずり込まれ
・生か死か
“生か死か”を賭けた戦い。そこには個人、家族、グループ、社会の存続がかかっている。

⑤人生の節目

・人生の問題
思春期から中年、死に至るまで、これはみんなが理解できる普遍的な節目。
・間違った方法
“間違った方法”でやっかいな問題を解決しようとする。
たいていは苦しみから目をそらすため。
・受容
解決策は主人公がずっと抵抗してきた過酷な真実の問題の”受容”にかかっており、
変わらなくてはいけないのは周囲の世界ではなく自分だと、主人公が知ることである。

⑥バディとの友情

・不完全な主人公
肉体的、道徳的、精神的に何かが欠けている”不完全な主人公”の物語である。
彼は完全になるために他者を必要としている。
・片割れ
完成をもたらす、あるいは、三手打ち(三角関係の物語)、
四手打ち(二組のカップルの物語)の場合は主人公(達)が必要とする資質を備えている”片割れ”の存在。
・複雑な事情
二人の妨げているもの。

⑦ぜやったのか?

・探偵
“探偵”は変わらない。我々が変わる。
ただし、彼はあらゆる種類のサツであり得る。プロからアマチュア、想像上まで。
・秘密
事件の”秘密”はあまりに強烈なので、金、セックス、権力、名誉などの世俗的な誘惑を凌駕する。
我々は知らなくてはならないっ!それは<なぜやったのか主人公>も同じ
・暗雲
秘密を追う中で”暗雲”が立ち込め、探偵はルールを、自分自身のルール――
往々にして、自分の身の安全のために長年守ってきたもの――でさえ破るだろう。
秘密の引力はあまりに強力なのだ

⑧バカの勝利

・バカ
“バカ”にとって無垢であることは力であり、穏やかな物腰のせいで、みんなから無視されがちだけど――
嫉妬深い”インダイサー”はすべてお見通しだ。
・権威
バカが直面する人々、あるいはグループで、
バカがその只中にいることもあれば、新しい場所に送り込まれて、そこになじめない場合もある――最初のうちは。
いずれにせよ、ミスマッチが爆発を約束している。
・変質、名前替え
バカが別人に、あるいは新しい何かになる”変質”。
しばしば”名前替え”を含み、偶然起こる場合も、偽装のための場合もある。

⑨組織のなかで

・グループ
このジャンルのすべてのストーリーは”グループ”。
家族、組織、特殊な仕事、について語る
・選択
ストーリーは”選択”であり、
進行する対立が”ブランド(反逆児)”あるいは”ナイーブ”を、システム側の”会社人間”と戦わせる。
・犠牲
最後には”犠牲”が払われなくてはならず、3つのうちのどれかの結末に至る。
参加、焼き倒し、あるいは”自殺”。

⑩スーパーヒーロー

・パワー
特別なパワーがなくてはならない。
偉大になるとか、良いことをするなどといった使命があってもOK
・宿敵
主人公が対立するべき宿敵が必要。
主人公と同等か、あるいはそれ以上のポテンシャルを持つ主人公の自家製バージョン
・呪い、弱点
スーパーヒーローの代償として、彼はそれを克服するか、屈服するか

-裏ジャンルとは

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。