映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『ファインディング・ニモ』ネタバレなしの感想。個性あふれるキャラクターの宝石箱

投稿日:4月 17, 2019 更新日:

■評価:★★★★☆4

「嫌う人がいない優等生映画」

【映画】ファインディング・ニモのネタバレなしの感想、レビュー、批評、評価

オーストラリア・グレートバリアリーフの海を住処とするクマノミのマーリンと妻のコーラルは、たくさんの卵を世話し、子どもたちの誕生を心待ちにしていた。ある日、バラクーダ(オニカマス)に襲撃され、残った1つの卵以外の全てを一瞬にして失ってしまう。マーリンは、妻が生前言っていた「ニモ」という名前を産まれた子供につけ、過保護に育てる。そんなニモも成長し、学校に通える歳になった。心配性の父にうんざりしているニモは、反抗心も手伝ってサンゴ礁から離れ、遠くに冒険に行こうとすると、人間のダイバーに捕まってしまい……。

第76回アカデミー賞では長編アニメ賞し、日本での興行収入も最終的に110億円という記録的ヒットを飛ばした映画である。
私としては久し振りに鑑賞したアメリカのアニメ映画となるのだが、顔芸の迫力が凄すぎじゃないか?
シュールで知的な笑いの存在する日本と違い、わかりやすい笑いを好むアメリカ人の国民性だろうか。
魚たちの顔の表情が過剰すぎ、て思わず笑ってしまうシーンが多い。

例えば、道中で知り合ったドリーとマーリンは、ニモをさらった人間の手がかりを探していると、鮫のブルースと遭遇する。
鋭利な歯を無数に備えた凶悪な面構えをしている彼なのだが、「鮫のイメージ回復を狙って、魚を食べることは辞めた。すでに3日は魚断ちしている」と言い、選択の余地すら与えられることなく友達にさせられる。
そのまま2人は集会に強制参加させられるのだが、
ブルースを筆頭に、シュモクザメのアンカー、アオザメのチャムは「断魚の会」を結成しており、今回はそれぞれが「魚の友だちを連れてくる」ことがテーマとなっている。
しかし、アンカーが連れてきた友達は骨になっており(食べられたあと)、チャムの後ろに隠れている彼の友達候補の魚はひどく震えている。
マーリンとドリーがちょっと間違いを犯したら、今にでも襲いかかってきそうな緊張感がある。
サメトリオの悪に満ちた顔芸は中毒性があり、何度でも見返したくなる。

このような海ならではの恐怖を煽る対立がユーモラスに描かれているのも、とても楽しい。
鮫たちとの対峙の結果がどうなるかは、ぜひ見て確かめてほしい。
私はどんでん返し系の瞬間的な驚きより、
スリラー映画特有の前フリによって長く続くドキドキ感を味わいたいタイプなので、こういう演出は好印象だ。(Mではない)

私が最も感情を揺さぶられたシーンは、その後、ウミガメのクラッシュにシドニーまでの道案内をしてもらっているときに訪れた。
クラッシュの息子のスチュワートが、海流に流されてしまう。
子煩悩のマーリンは思わず彼を助けに行こうとするが、その時のクラッシュの対応がとても良かった。

子育てにおいて、重要なポイントの1つであることは子供がいない私でもわかる。
子供に自信を付けさせたり、諦めない心を身につけさせたりと、
子供が好きなことで成功を収める生き方をさせたいのなら、こうするしかない。
その後に言い放つ、クラッシュの「最高だぜ」はとても心に響く。
私はマーリン寄りの親の元で育った。
世間ではマーリンのような親の方が多いと思う。
子供の身の安全が気がかりとなるのはもちろん本心だと思うが、楽なんだと思う。子供を心配したり助けたりする方が。
なぜならクラッシュのような行動を取る勇気と戦わずに済むから。
このシーンは中盤辺りなのだが、クライマックスに訪れる感動よりも好きなシーンとなった。

あと個人的にはニモを引き取ろうとしたあのチャイルドプレイのチャッキーばりの風貌をした子供には、もっといろいろやってほしかった。(※殺人鬼の魂を宿した人形が暴れ回るホラー映画)
出番が思った以上に少なくて残念。

ニモは普通のカクレクマノミと比べると右ヒレが小さく、泳ぎがそれほど得意ではない。
だからこそ、マーリンの過保護化が加速したのだろう。
制作陣の狙いとしては社会的弱者が困難に勇敢に立ち向かい、一人前になっていく様子を描くこと。
こういったスパイスを加えることで、普通の健常的キャラよりも、視聴者に大きなカタルシスを与えることができる。
もちろんこれを人間でやると色んな人や団体からクレームが来る。
実際に私も、「親に折檻を受ける子供」や「小人症のお笑い芸人」といったキャラが登場するあらすじを書いて小説学校の先生に提出したところ、苦い顏をされた。
理由はこういうブラックなテーマの小説は読者からのクレームが多く、作家はみな敬遠するんだそう。
可愛らしいアニメだからこそ成立させられるキャラ造形だ。

この映画は子供のニモより、親であるマーリンの方が目立った成長を見せる。
子供はユニークでわかりやすいキャラたちを面白がって見るだろうが、
大人は共感できるところが多い。
特に過保護に育て反抗的・あるいは甘えん坊となった子供を持つ親、過保護な教育にうんざりした経験を持つ人は特に刺さる。
ジブリのように小さい頃に見て楽しんだ子供も、
大人になって改めて観ると違った印象を持つ映画となること必至だ。

余談だが、マーリンとニモの住処であるグレートバリアリーフから、ニモが誘拐され連れて行かれたシドニーまでの距離はなんと1766km。
日本でいうと、だいたい岡山から北海道までの距離となる。(1720.8 km)
遠すぎる。。。

ファインディング・ニモの作品情報

■監督:アンドリュー・スタントン リー・アンクリッチ
■出演者:マーリン(木梨憲武) ドリー(室井滋) ニモ(宮谷恵多) クラッシュ(小山力也)
■Wikipedia:ファインディング・ニモ
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):99%
AUDIENCE SCORE(観客):86%

ファインディング・ニモを見れる配信サイト

U-NEXT:○(有料)
Hulu:-
Amazonビデオ:○(吹替・有料)○(字幕・有料)
ビデオパス:○(有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2019年9月現在

関連性の高いおすすめ映画

ファインディング・ニモの裏ジャンルである【金の羊毛】に分類されるおすすめ映画。

『百万円と苦虫女』★★★★★5
就職浪人となった鈴子はある日、ひょんなことから前科持ちとなってしまう。このことがきっかけで家庭不和になってしまう。彼女はバイトして貯めた100万円を持って家を出て、自分の知らない土地を転々とすることに。
家族の中で唯一仲の良かった弟と連絡を取り合いながら、鈴子は旅をする。彼女自身、人と打ち解けあうのが苦手なタイプだが、自分を成長させることに関心はなさそう。知らない土地を転々とする中で、人との接触は避けられない。そんな彼女に訪れる心境の変化を見て欲しい。最高の青春映画だ。

U-NEXT:
Hulu:
Amazonビデオ:
dTV:-
ビデオパス:
TSUTAYA TV:
Netflix:
※2019年5月現在

『少林サッカー』★★★★★5
サッカーのスター選手だったファンは八百長でわざと試合に負けてしまい、それが原因で観客に襲われて足を怪我してしまう。ファンはある日、みすぼらしい格好をした少林拳の達人シンと出会う。ファンはサッカーをシンに教え込んでサッカー界への復帰を叶えるため、シンは少林拳の普及のため、二人はサッカー全国大会の優勝を目指す。
キング・オブ・映画。
こんなに面白い映画はなかなか存在しない。こういう映画を見たくて映画好きをやっているようなものだ。

U-NEXT:
Hulu:-
Amazonビデオ:○(DVD)
dTV:-
ビデオパス:-
TSUTAYA TV:
Netflix:-
※2019年5月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。