映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑨組織のなかで

映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』ネタバレなしの感想。テロリスト発見から空爆までのリアルな2時間を描く

投稿日:7月 11, 2019 更新日:

■評価:★★★☆☆3.5

「現代の戦争が持つ、道徳的ジレンマを描いた社会派ドラマ」

【映画】アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場のネタバレなしのレビュー、批評、評価

イギリス軍のキャサリン・パウエル大佐は、アメリカ軍のドローン戦闘機・MQ-9 リーパー偵察攻撃機を使い、英米・ケニア合同のテロリスト捕獲作戦を指揮していた。ケニアの首都ナイロビに潜んでいたアル・シャバブのテロリストを確認し、空爆を指示する。だが、テロリストの隠れ家付近でパンを売る少女を見つけてしまい……。

ドローン戦闘機の話だ。
ラスベガスの空軍基地からコンピュータで操作をし、地球の裏側にあるケニア・ナイロビに潜伏するテロリストを攻撃する無人戦闘機で、2002年12月のイラク戦争から稼働している。

この映画を楽しむポイントの1つは、テロリストを見つけてから、空爆をするまでの時間がほぼリアルタイムで進行していくということ。
一発のミサイルを撃つのに、軍は政府とどんなやり取りが交わすのか、といったことを集約して描いており、非常に生々しい。
そのおかげもあって、全編に渡って緊迫感が続くこととなる。観終わったあとはぐったりだ。

今作はイギリス映画だが、過去にもアメリカ製作で「ドローン・オブ・ウォー」という同じくドローン戦闘機を題材とした映画がある。
こちらはエアコンの効いた部屋でドローン戦闘機を操作して淡々と空爆し、任務が終わると自宅に帰る。こういった日常を繰り返すことでPTSDに陥ったパイロットの話だ。兵士個人に焦点を当てているのに対し、今作は空爆に関わる組織の人間を群像劇形式で描いている。テーマは、空爆によって巻き込まれる形で被害を受ける民間人についての問題提起だ。

登場人物がかなり多いので簡潔に整理しておく。
①初老女性のキャサリン・パウエル大佐が今作の主人公。
②若い男・スティーヴ・ワッツ中尉と、③若い女・キャリー・ガーション上等航空兵が、ドローン戦闘機を操作するパイロットだ。
④アル・シャバブのテロリストでソマリア人のアブドゥラ・アル・ハディ、⑤彼の妻であるアイシャ・アル・ハディ。(劇中では旧姓のダンフォードと呼ばれる)今作はこの二人を狙う作戦。
⑥現地工作員の出っ歯な黒人、ジャマ・ファラは昆虫型の偵察機を使ったりと、何かと奮闘する。
このメンツを抑えておけば、置いてきぼりを食らうことはないだろう。

物語は、英米・ケニア合同軍と空爆先のケニアの市民の生活を交互に描かれる。
空爆を指揮するキャサリンに、詳しい事情を知らずに上官に指示されるがままドローン戦闘機を操作する操縦士たち、そしてフラフープで無邪気に遊ぶケニアの子を対比で見せる。

いつも思うのだが、無人戦闘機はやけに不気味なデザインだ。
パイロットがいないため、能面のように顔までボディ一色だからだ。カメラは首のした辺りに設置されている。
2万2千フィート(6.7056キロ)上空を飛んでいるため敵からはまったく認知されない上に、カメラで撮影したくっきりした映像を空軍基地や司令部から拝むことができる。悪魔のような戦闘機だ。

今作は戦闘機もだけじゃなく、鳥形、昆虫型の偵察機も登場する。これらはすでに実用化されており、実際に戦場で使われている。
特に昆虫型の偵察機で、ターゲットの夫婦の存在を確認するため敵の家の中まで侵入するシークエンスは一番の見どころだ。
スリル溢れる展開で思わず画面を食い入るように観てしまう。

ターゲットとなっている夫婦が所属するアル・シャバーブは実在の組織だ。
劇中でも言及しているがナイロビのショッピングモール襲撃事件では死者67人、負傷者175人、
ケニアの大学に侵入しては学生など147人の命を奪ったりと、とにかくムチャクチャなテロ活動を行っている。

あなたはこの映画に関心が湧いただろうか。
テロリストにミサイルを撃ちこむために、民間人の子どもを犠牲にすることは正義なのか。
軍もテロリストも、正義のために人を傷つけるといった行為には違和感でしかない。明確な答えが出せない以上、私は違和感を持つことだけは忘れないでいようと思う。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報

■監督:ギャヴィン・フッド
■出演者:ヘレン・ミレン アーロン・ポール アラン・リックマン バーカッド・アブディ
■Wikipedia:アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):95%
AUDIENCE SCORE(観客):82%

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場を見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(吹替、有料)○(字幕、有料)
ビデオパス:-
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:○(見放題)
※2019年7月現在

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場と関連性の高いおすすめ映画

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の裏ジャンルである【組織のなかで】に分類される映画。

『ドローン・オブ・ウォー』★★★☆☆3.5
ラスベガスのアメリカ空軍基地にて、トミー・イーガン少佐は一万キロ離れたアフガニスタン上空に、ドローン戦闘機・MQ-9 リーパー偵察攻撃機を飛ばしていた。その後、モニターに映ったタリバン兵にミサイルを撃ち、音もなく吹きとばす。戦闘機パイロットだったトニーは戦っている実感のない任務と、自宅の行き来をする生活に違和感を抱くようになる。

自分が彼の立場だったら何を思うだろうか、と考えずにいられない映画。
実際にドローン戦闘機の操縦士は、現地イラクに展開している兵士よりも高い割合でPTSDが発症してしまっているデータも存在している。
もしイスラム過激派にドローン戦闘機の開発技術が渡ってしまったら、といった最悪の事態も思わずイメージしてしまう。

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(字幕、有料)
ビデオパス:-
TSUTAYA TV:-
Netflix:-
※2019年7月現在

-⑨組織のなかで

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。