映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑤人生の節目

映画『殺さない彼と死なない彼女』ネタバレなしの感想。傷ついた女子たちがささやかに手を取り合い、厳しい世界に立ち向かう

投稿日:11月 21, 2019 更新日:

■評価:★★★☆☆3.5

「生と死」

【映画】殺さない彼と死なない彼女のネタバレなしのレビュー、批評、評価

「死にたい」という言葉の裏には「上手に生きたい」という意味が隠れていることをゲッターズ飯田が言っていた。
人は生きたいから「死にたい」と思い、人が死ぬときは「生きたい」と思う生き物とのこと。

そんな「死にたい」が口癖の女の子が主人公の本作は、ツイッターに投稿された世紀末という作家の四コマ漫画を原作とする映画版となっている。

何にも興味が持てない小坂は、女子にLINEを聞かれても冷たくあしらう冷めた男子高校生。ある日、彼は同級生の少女・鹿野がクラスのゴミ箱に捨てられた死んだハチを取り出して埋葬しようとする姿を目撃する。リスカ常習犯で「死にたい」が口癖の彼女に小坂は「マジで死にたいなら殺すぞ」と言うが、「出来ないことを聞かされると余計に死にたくなる」と冷たく対応される。以来、小坂は彼女に興味を示すようになる。

恋愛や生き方に葛藤を覚える3人の少女視点で描く連作短編集といった形のストーリー。

岩井俊二を彷彿とさせるファンタジックな世界観が良い。
「死にたい」「殺すぞ」といった中二病的なワードが飛び交ったり、視点人物の一人・撫子の口調がやけに古風なのもクセが強い。
違和感を覚えつつも観ているうちに、白く靄がかった映像と相まって妙に愛着が湧いていくのだから不思議。
終わりが近づくにつれて、もっと「●●だわ」を聞かせてくれよ、とまで思ってしまった始末。

視点人物の一人、キャピ子の葛藤もなかなか切ない。
自分をかわいいと思っているし、モテるけど短い期間に男をとっかえひっかえする女の子。
彼女は男のちょっとした言動に心をぐらつかせてしまう。
男に抱き締められたとき「今までで一番細い」と言われたときや、デート中に「女友達にプレゼント買わないと」とさりげなく零されるセリフなど。

典型的な芯のない女子。
男からは「こいつなら、こういうことを言っても問題ないだろう」ってな感じで完全に舐められている。
彼女を観ているとすごく歯がゆいし、何だか田中みな美を連想してしまった。

一方で死ねない彼女・鹿野は「死にたい」が口癖。
死にたい=上手く生きたい。
現状、上手く生きれないから未来に希望が持てない。

だからこそ「夏になったら花火しよう」などと、小坂が未来についての話をポロっと口にされるたびに感情が揺れる。
彼女は自分一人で未来に希望を持てない。
小坂という存在そのものが希望となっていく。
そんな頼りない彼女に、思わずオッサンの私は父性を感じてしまった。
お願いだから幸せになってほしいと応援してしまった。

このような葛藤を抱える少女たちが不器用生きて傷つき、成長を遂げていく。

気になったのが、葛藤を抱えるキャラクターの中で本質的な解決、成長を遂げない者もいる。
でもそれがまた自然で良かった。
高校生のときの成長なんて大したことはない。
まだまだ人間として発展途上だし、今この時点で傷ついた心が癒えたらそれでいい。前を向けられるのならそれでいい。前を向いたもん勝ち、未来に希望を持てたもん勝ちだ。
この先、また苦しんだら、また力の限りあがいたらいい。

小坂扮する間宮祥太朗は一応留年設定だが、さすがに高校生にしてはオッサン臭くてちょっと笑ってしまった。
他のキャラクターたちが年相応のため、一人だけ明らかに年食ってるのはどうなんだろうか。
とはいえ、描写を観る限り主人公は鹿野なのでまだ許容はできる。

あと、彼らのクラスメイトの命を奪ったサイコキラーくんというキャラも物凄く違和感を覚える。
このメルヘンチックな世界に対して妙に生々しい存在であり、異物に思えて仕方ない。ここは何かしら工夫してもらいたかった。

性別は明かされていないが、原作者は間違いなく女性作家であり、女子が共感できるタイプのこじらせ系物語だが、男が観ても十分に楽しめる。
何だかんだ男が共感できるところもある。
とくに、一方的に好きな男子に告白しまくる撫子の「自分を好きにならない彼が好き」っていうのは物凄く理解してしまった。
相手の感情がこちらに向かないからこそ、試行錯誤する楽しさ、みたいなものは確かにある。
が、恋愛は付き合ってからが本番なので、何気に彼女が一番深刻なようにも思えたりするが。

とにかく傷ついた女子たちがささやかに手を取り合い、厳しい世界に立ち向かっている形が素敵。
観終わったあとは幸せな気持ちで劇場を出られた。

殺さない彼と死なない彼女の作品情報

■監督:小林啓一
■出演者:間宮祥太朗 桜井日奈子 恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
■Wikipedia:殺さない彼と死なない彼女

殺さない彼と死なない彼女を見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:-
TSUTAYA TV:-
Netflix:-
※2019年11月現在

-⑤人生の節目

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『聲の形』ネタバレなしの感想。青春ドラマの一つの完成形。恐るべきクオリティの高さ

「コミュニケーションに悩みを持ったことのある人すべての魂を震えさせる青春ドラマ」

映画『セックスと嘘とビデオテープ』ネタバレなしの感想。家庭不和を抱える妻が夫の友人の男に興味を惹かれる

「嘘と性」

映画『へレディタリー/継承』ネタバレなしの感想。亡くなった祖母から忌まわしい”何か”を継承した家族を描く

■評価:★★★★☆4 「継承の恐怖」 【映画】へレディタリー/継承のレビュー、批評、評価 『ミッドサマー』のアリ・アスター監督のデビュー作。「直近50年のホラー映画の中の最高傑作」「21世紀最高のホラ …

映画『蛇イチゴ』ネタバレなしの感想。勘当されていた長男が実家に戻り、家族のバランスが崩れ始める

「家庭崩壊」

映画『トイ・ストーリー4』ネタバレなしの感想。完璧すぎる結末を迎えた3の続編

「おもちゃとしての個を描く」

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。