映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『タイピスト!』ネタバレなしの感想。田舎娘が都会での秘書の仕事を得るため、タイピングコンテストに出場する

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「やっぱり愛はパワーだった」

【映画】タイピスト!のレビュー、批評、評価

いわゆるスポ根といわれるジャンルの映画だ。
今からスポ根を作ろうもんなら、作り手は物語よりネタを探すほうが大変なように思える。
というもの野球やサッカー、バスケ、ボクシングのようなメジャーなスポーツの物語はすでに名作が存在する。
今さら上記のネタでは、漫画や小説の読者や映画の観客は食いつきにくいだろう。
そもそも企画が通りそうにない。

そのせいか近年は、いかにマイナーな題材を発掘するか勝負となっている。
社交ダンスを題材とした漫画『ボールルームへようこそ』。

『ちはやふる』は競技カルタを扱っていて、映画化もされている。

『すくってごらん』という漫画はなんと、競技金魚すくいの物語。
もはや何でもありである。

『タイピスト!』は田舎育ちの女性が世界最速のタイピストを目指す物語。
本作のレジス・ロワンサル監督は、フランスのドキュメンタリー番組でタイプライターの早打ち大会を知って、この映画の脚本作りに至ったそう。

1958年-1959年のフランス北部の田舎町。父の営む雑貨屋で働くローズ・パンフィルは田舎暮らしに嫌気がさしており、ルイ・エシャールが経営する保険代理店の秘書の面接を受ける。都会に住むほかの面接者と比べて地味なローズだが、雑貨屋の仕事で覚えたタイプの早打ちと花柄のワンピース姿がルイに気に入られ、1週間の試用での採用が決まる。だが、タイプの早打ちしか取り柄のないローズにルイはうんざりし、「仕事を続けたいのならタイプライター早打ち大会に出場しろ」と命令する。

地味に思えるタイプライターを題材した映画だが、最後のコンテストシーンはなかなかの白熱した試合を見せてくれる。
やっぱり愛はパワーだった。

とにもかくにも、ヒロインがむちゃくちゃ魅力的。
艶のあるブロンドヘアーに透き通るような色白の肌。
顔立ちもはっきりしている可憐な女性なのに、ハチャメチャに自己主張が強い。
さすがはフランス人である。

そんな好戦的な彼女だが、気に食わないことがあると口を尖らして拗ねてみたり、あるいは急に恋する乙女の表情になったりと、可愛らしい一面も見せてくれる。
まさに生きたキャラクターだ。
この映画、このキャラクターを産み出した時点で勝ちが決定している。

ストーリーはとくに目立ったどんでん返しなどやユニークな展開はなく、王道の流れを辿る。
主人公のローズがタイプライターのコンテストに挑みつつ、上司とのロマンスにも夢中になるといった感じ。

50年代のフランスを舞台としており、ローズの衣装が華やかでとてもオシャレ。
タイプライターという題材は、一見地味に思える。
私はこの映画の評判の良さを前々から聞いていたが、食指が動かずに鑑賞を先送りしていた一番の理由はそこにある。
「ただキーボードを叩くだけで本当に面白いのか」といったふうに疑ってしまっていたのだ。
だが実際に観てみると、衣装・美術面に力が入っているので、まったく地味さを感じなかったのは凄い。

何なら彼女のイメージカラーとして、可愛らしいピンクのタイプライターまで出てくるので、もはやオシャレにすら見えてしまうという。
さすがはアートの国、おフランスである。
ファッションが好きな人は映像だけでも楽しめるだろう。

ロマンスの描き方もシンプルだけど良かった。
サイドストーリーで描かれる上司とのロマンス効果が、コンテストに白熱さを与えてくれるのだ。
余談だが、全てのタイピングシーンは代役を使っておらず デボラ・フランソワ本人が演じている。
映像の早回しもしていないそう。

見終わったら幸せな気持ちにさせてくれるいい映画。
もっとこのキャラクターを使って続編を作ってもいいくらい。
何ならタイプライターにこだわらずに、別の題材だってかまわない。
『タイピスト!』というタイトルだが、この映画の面白さの本質はタイプライターコンテストではなく、キャラクターにあるから。

タイピスト!の作品情報

■監督:レジス・ロワンサル
■出演者:ロマン・デュリス デボラ・フランソワ
■Wikipedia:タイピスト!(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):73%
AUDIENCE SCORE(観客):72%

タイピスト!を見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(吹替・見放題)○(字幕・見放題)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2020年2月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。