映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』ネタバレなしの感想。余命わずかの二人が車を盗み、見たことのない海を目指す

投稿日:

■評価:★★★★☆4

「刹那的な人生」

【映画】ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアのレビュー、批評、評価

私は余命物・重病物が苦手だ。
感動の押し売りにしか見えなくて冷めるのだ。
私以外にもこう思う人は多いだろう。

本作はまさに余命物。
だが、素晴らしかった。
今年に入って100本近くの旧作を観たが、トップ10以内に食い込むクオリティだった。
その理由についても言及していきたい。

ガンで余命わずかと宣告され、たまたま末期病棟の同室に入院させられたマーチンとルディ。海を見たことがないルディに海を見せるため、マーチンはベンツを盗んで二人は病院を脱走する。だが、ベンツはギャングのものでトランクには大金が積まれていた。残り少ない命の二人は怖いモノがなく、犯罪を繰り返し、警察に追われながらも海を目指す。

ものすごく元気を貰えるロード・ムービー。
マーチンとルディの二人は末期ガンで、いつ命が尽きるかがわからない。
今は元気でも、数分後には体に激痛が走って倒れる時だってある。
明日、倒れて天に召されるかもしれない。

ルディは生まれてこのかた、一度も海を観たことがない。
「だったら、今すぐにでも見に行こうぜ!」って感じで、二人は衝動的に病院を抜け出す。

やりたいことを今すぐにやる。
余計な思考をすべて取っ払って、どんな手段を使おうが、手にいれたいモノのために突き進む。
単純明快で心に刺さる内容だった。

余命・重病系の物語が苦手な私だが、この映画に心を打たれた理由はここにある。
つまり、二人は刹那的なのだ。
後先考えずに突っ走る姿に美しさが宿る。

一人カラオケをしてみたい。
一人で海外旅行をしてみたい。
好きな人に告白したい。
イケメンを逆ナンしたい。
歌手になりたい。
映画俳優になりたい。

多くの人がやりたいことがあっても、あらゆる理由を付けて諦めている。
だが、マーチンとルディは足がなければベンツを盗み、金がなければ強盗をして海を目指すのだ。

犯罪はさすがに良くないが、人間、人にちょっと迷惑かけるくらいなら許される。
あるいは失敗したって、痛みはすぐに癒える。

私は今、コロナの関係で転職をしようか迷っていた。
この映画を観て吹っ切れて、早速面接を決めてしまった。
いいエネルギーが宿った映画である。

シンプルなストーリーで、先の展開は容易に予想できる。
だが、マーチンとルディは死に損ないなのにやけに生き生きしていて魅力的だ。
健康体で、イヤイヤ満員電車に揺られる社会人より数段、光輝いている。

良い意味で非リアルなのも良かった。
逮捕しに来た男女の警官を、謎に裸にして縛りつけたり、スーツを買う金がないならって、コンビニで肉まんを買いに行かのように近所の銀行に強盗しにいく。
銃撃戦も多いが、誰かが命を落としたりもしない。
変にリアルに死にまくると、観客が現実に引き戻されるので、あえて非リアルな世界観で描く。

二人のむちゃくちゃやってる感じがファンタジー感があって心地いいのだ。
まるで世界中のすべての人々が二人の味方である。
元気を貰える映画って良い。
この先、何度もリピートする映画になりそう。

余談だが、長瀬智也(TOKIO)主演で『ヘブンズ・ドア』というタイトルでリメイクされている。

コメディタッチのロードムービーはコチラ。

■グリーンブック

■ダンスウィズミー

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアの作品情報

■監督:トーマス・ヤーン
■出演者:ティル・シュヴァイガー ヤン・ヨーゼフ・リーファース
■Wikipedia:ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):-
AUDIENCE SCORE(観客):92%

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアを見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(Blu-ray)
TSUTAYA TV:○(見放題)
Netflix:-
※2020年5月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。