映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑨組織のなかで

映画『それでも夜は明ける』ネタバレなしの感想。自由黒人の男が誘拐され、奴隷生活を送るはめになる

投稿日:

■評価:★★★★☆4

「自由・希望」

【映画】それでも夜は明けるのレビュー、批評、評価

1841年、自由黒人ソロモン・ノーサップはワシントンD.C.にて誘拐され奴隷として売られる。
解放されるまで12年間、奴隷生活を送る。
本作は、当時の生活をつづった著書『奴隷体験記(Twelve Years a Slave)』を原作とした史実の物語である。

自由黒人とは、法的に奴隷ではない黒人という地位にあった人々を指す。
多くの黒人は17世紀から、イギリスのアメリカ植民地時代から奴隷として連れてこられた。
奴隷ではなく、仕事のためアメリカに来た黒人や主人から解放されたりなど、一部は自由黒人としての地位にあった。

1841年、ニューヨーク州サラトガに住むソロモン・ノーサップは自由黒人のヴァイオリニスト。ノーサップは妻と二人を子供と共に、幸せな日々を過ごす。ある日、ノーサップは二人組の男に金儲けができる周遊公演の誘いを受け、参加する。ある晩、ノーサップは二人の男に薬漬けにされ、昏睡状態のまま奴隷商人に売られてしまう。「私は北部の自由黒人だ」と主張するが、ムシされる。材木商のウィリアム・フォードに購入され、奴隷生活を余儀なくされる。

凄い内容だった。
特記すべきは、奴隷制が存在した時代の奴隷生活を生々しく描いている点。

誘拐されたノーサップを含む奴隷たちの仕事は、綿花畑で綿を取る作業。
あんなにフワフワした軽そうな綿を1日に90キロ取るのがノルマとされている。
下回ったらムチ打ち。
昨日よりも下回ったらムチ打ち。
何だか気にくわない黒人がいたらムチ打ち。

黒人たちの背中は例外なく、ムチを打たれたおびただしい傷跡がある。
ただの地獄である。

他にも、ご主人様に夜中に急にたたき起こされて踊らされたり。
あるいは黒人少女がご主人様の慰み者として尽くしたり。
人としての尊厳を踏みにじるのが合法的に許されているのだ。
とあるキャラがぼそっと口にしていたが、まさに「今はアメリカという国が病気」である。

余談だが、もっと惨いシーンもあるので、観る際は覚悟を決めるといい。
観ていて最高に陰鬱な気持ちになったし、ただただ胸糞である。

とはいえ、リアルな奴隷の生活を知れたのは、良い鑑賞経験となった。
映画は様々な歴史を映像を通じて直感的に知れるので、素晴らしい媒体である。
辛い映画ではあるが、本作を観て映画好きで良かったと心から思った。

勧善懲悪のエンタメとして描いているのは良かった。物凄く観やすい。
ノーサップはいくつかの農場を転々とする。
まともな感性を持つ白人はいるのだが、同時に、どこの農場にも一人はクソみたいなヤツが存在する。
「正義の味方が登場して、この憎き領主らに鉄槌を下してくれ」と願いながら鑑賞していた。
このように領主は徹底的に悪に徹して描かれるのだ。

奴隷制という題材を扱っているが、難しい描写は皆無。
センシティブな内容を、誰にでも見やすく描いているのは素晴らしい。
アカデミー賞の作品賞を受賞したのも納得の出来栄え。

余談だが、以下の15の州は、南北戦争前に奴隷が合法的に認められていた奴隷州である。
デラウェア
メリーランド
バージニア
ノースカロライナ
サウスカロライナ
ジョージア
フロリダ
アラバマ
テネシー
ミシシッピ
ケンタッキー
ミズーリ
アーカンソー
ルイジアナ
テキサス

ノーサップが誘拐されたワシントンD.C.はコロンビア特別区で、どの州にも属さない連邦政府の直轄地となる。
場所は奴隷州であるメリーランド州とバージニア州に隣接する。

奴隷、あるいは隷従となって自由を奪われたキャラクターを描く作品はコチラ。

■ナイチンゲール

■ヒトラーの忘れもの

それでも夜は明けるの作品情報

■監督:スティーヴ・マックイーン
■出演者:キウェテル・イジョフォー マイケル・ファスベンダー ルピタ・ニョンゴ
■Wikipedia:それでも夜は明ける(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):95%
AUDIENCE SCORE(観客):90%

それでも夜は明けるを見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:○(見放題)
Amazonプライムビデオ:○(字幕・見放題)
TSUTAYA TV:○(見放題)
Netflix:○(見放題)
※2020年7月現在

-⑨組織のなかで

執筆者:

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。