映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑦なぜやったのか?

小説『異邦の騎士』ネタバレなしの感想。記憶喪失の男が、失われた記憶探しに奮闘する

投稿日:

■評価:★★★★☆4

「愛」

【小説】異邦の騎士のレビュー、批評、評価

本作は著者・島田荘司の初めて執筆したミステリー小説。
出版に至ったのはデビューから16年後の1988年となった。

出版を遅らせた最大の理由はデビュー作にするには、パンチの弱さなどから、次回作に回すことを決めたそう。
更にタイトルが決まらなかった理由もあり、やむなく『良子の思い出』と仮題をつけて机の引き出しに放り込んで、そのまま存在自体を忘れてしまった。
結果として、読者アンケートでは島田荘司作品の中でも1~2位を争う人気作となった。
果たしてどんな内容のミステリーなのか。

目覚めるとベンチの上。「俺」は記憶喪失に気づく。日付は昭和53年3月18日で、今いる場所が高円寺であることは分かる。だが、ほかの記憶は戻らない。辺りを徘徊し、若い女性がサングラスをかけた若い男と争っているシーンに遭遇する。娘は「俺」の胸に飛び込むと、男は姿を消した。石川良子と名乗った女性は翌日に控える引っ越しのため、「俺」に手伝いを頼む。二人は自然と仲良くなり、良子の引っ越し先で同居を始める。平穏で幸福な毎日が続いた。ある日、家の引き出しを漁っていると、自分の運転免許証を見つけてしまい……。

素晴らしい内容。
島田荘司作品といえば、ぶっ飛んだ物理トリックが有名なミステリー作家だ。
40年前の未解決の猟奇事件の解決の依頼が舞い込み、推理する『占星術殺人事件』。
『斜め屋敷の殺人』は傾いた屋敷でとある人物の命が奪われるミステリー。

この2つはアホとも思えるとんでもないトリックが使われている。
個人的には占星術が好き。
トリックの衝撃は斜め屋敷が強かった。

本作はそんな島田荘司作品だが、大掛かりなトリックは用いられていない。
どんでん返しがいくつか用意されている程度である。
だから、島田荘司は執筆が完了してからも机の奥に仕舞い込んでいる。
本作は何よりも、ドラマが優れているのだ。

主人公は記憶喪失の男。
右も左も分からない不安な状態。
なぜ自分が高円寺にいるのか。自分は誰なのか。
そんな時に、たまたま見かけた若い女性・良子に手を差し伸べてもらう。

男からしたら良子は救世主だ。
どこの誰かもわからない自分に寝床を用意してくれたり、おかげで仕事にもありつけた。
男が良子に惹かれていく感情は必然である。

そんな中で、たまたま見つけてしまった自分の運転免許証に端を発し、奥底に沈んだ記憶が少しずつ蘇る。
だが、事態は次第に不穏なほうで向かってしまう。
読者としては混沌を期待しつつも、「良子との関係が破壊してほしくない」と願ってしまう。

そんな中で唐突にぶっ込まれるどんでん返しは、かなりびっくりさせられる。
文字通りのどんでん返し。

探偵役の御手洗 潔(みたらい きよし)もよかった。
本作は島田荘司作品で最も人気のある御手洗シリーズの一作である。

本作は御手洗の最初の事件。
『占星術殺人事件』や『斜め屋敷の殺人』と同様の飄々としたキャラクターは健在。
堕落した毎日を生きているのに、占星術に長けていて、あらゆる物事・事象を見透かすような超然としたキャラ。

序盤は御手洗はあまり入り込んでこない。
主人公の友達として仲良く会話を楽しんでいるだけ。

終盤になり、いつもの御手洗の怒涛の一人舞台を堪能できる。
私も御手洗シリーズは何作か読んでいるので、久しぶりに御手洗らしい素晴らしい推理っぷりに頬が緩んでしまった。

主人公が記憶喪失ってこともあって、会話文よりも地の文が多め。(心の声が多くを占める)
だが、全体的に文章は平易で読みやすいので、多くの人に薦めたい。

御手洗シリーズの長編3作目なので、最後のちょっとした仕掛けには、前作を読了している読者には驚かされる。
なので出版順となる、『占星術殺人事件』『斜め屋敷の殺人』の順番で読むことをおすすめする。


『斜め屋敷の殺人』と『異邦の騎士』の間に短編集『御手洗潔の挨拶』が刊行されている。私はまだ未読だが、本作は問題なく楽しめた。

ミステリー物のおすすめはコチラ。

■複製された男

異邦の騎士の作品情報

■著者:島田荘司
■Wikipedia:異邦の騎士
■Amazon:こちら

-⑦なぜやったのか?

執筆者:

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。