映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

小説『霧のむこうの不思議なまち』ネタバレなしの感想。宮崎駿の『千と千尋の神隠し』の元ネタとなった児童書

投稿日:10月 5, 2020 更新日:

■評価:★★★☆☆3

「好奇心」

【小説】霧のむこうの不思議なまちのレビュー、批評、評価

『千と千尋の神隠し』の元ネタとなった児童小説で、柏葉幸子のデビュー作。

当初、宮崎駿は『霧のむこうの不思議なまち』の映画化を取り組んだが断念し、影響を反映する形で『千と千尋の神隠し』の制作に至ったそう。
読んでみてびっくり。
世界観は千と千尋そのままである。

6年生の夏休み。リナは一人で旅に出た。霧の谷の森を抜け、霧が晴れると、赤やクリーム色の洋館が姿を見せる。きれいでどこか風変わりな町が現れた。リナと霧の谷の町(めちゃくちゃ通り)に住むへんてこな住人達との交流を描く。

ほんわかした温かい世界。
誰も命を落とすことはないし、誰も苦しむことはない。
少女がただ、異世界に迷い込んで働かされ、成長する物語。
久しぶりにこんな平和な物語を手に取った気分である。

まず、良かったのが最初のページに書かれているマップ。
ミステリー小説やファンタジー小説によく掲載されているマップにも私はワクワクさせられる。
上記の大人向けの小説とは違い、本作のマップは非常に可愛い。

小学生が書いたような簡素なタッチで、おかし屋やおもちゃ屋など、子供が好きそうなお店が配置されている。
町の名前は『めちゃくちゃ通り』。
いったいこの町でどんな物語が展開されるのか、好奇心を煽られる。

あと、面倒になる屋敷のバーさんがやたら性格が悪そうなのも良かった。
このバーさんがなぜか、主人公のリナに当たりがきつい。
そのため、リナがこの町でうまくやっていけるように、自然と読者は応援したくなるのだ。
だから、バーさんの命令によって派遣されて行った先の店で仕事をして、そこで仲間ができたりすると嬉しい気持ちになる。

あまりキャラクターの魅力に欠けるのが残念だった。
海外ファンタジー小説やファンタジー映画でよく見かけるんだが、ぶっ飛んだ理解不能な行動を取るキャラクターが多い。
本作は、そんな感じのなぜそんな行動を取るのか意味がよくわからないキャラクターばかりである。

私は伏線・あるいはメタファーだったりと、意味不明な何かにも、ちゃんと理由が存在してもらいたいと思うタイプである。
なので、本作のキャラ達にはあまり魅力を感じることはできなかった。

そのため、後半は興味深くなれず、読むスピードが落ちてしまった。
あと、児童小説なので仕方ないが、ひらがなが非常に多くて読みづらかった。
ここまでひらがなが多いと、文字を目にしたときにスムーズに映像をイメージできないのだ。

ストーリーも大きな事件があるわけではない。
淡々と主人公がミッションをこなしていく様が描かれる。
大人の私には物足りなかった。
だが子供らしい、わんぱくな世界観は素晴らしかった。

私は今、ハリーポッターの映画にめちゃくちゃハマっている。(近いうちにレビュー記事をアップする予定)
ハリーポッターは人の生死が関わる、刺激の強いファンタジーなので大人でも夢中になれる。

本作は良くも悪くも子供向けである。

霧のむこうの不思議なまちの作品情報

■著者:柏葉幸子
■Amazon:こちら

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『サイレント・ソルジャー』ネタバレなしの感想。1944年のスペインでフランコ独裁政権打倒のため立ち上がったゲリラ兵を描く

■評価:★★☆☆☆2 「戦争」 【映画】サイレント・ソルジャーのレビュー、批評、評価 1944年にフランコ政権を打倒し、祖国の奪還を目指す4,000名ものゲリラ兵がフランスからスペインに侵入したとされ …

映画『モアナと伝説の海』ネタバレなしの感想。島の危機を救うため少女が禁じられた海へ旅立つ

■評価:★★★☆☆3 「心」 【映画】モアナと伝説の海のレビュー、批評、評価 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが制作する56作目の2017年公開のアニメ映画となる。 命の女神テ・フィティ …

映画『わたしに会うまでの1600キロ』ネタバレなしの感想。荒れた心を癒すべくパシフィック・クレスト・トレイルを歩く決意をする女性を描く

「喪失感」

映画『フォードVSフェラーリ』ネタバレなしの感想。クリスチャン・ベール史上最高の演技を括目せよ

「レースへの情熱」

映画『ゼロ・ダーク・サーティ』ネタバレなしの感想。2011年5月2日に実行されたウサマ・ビン・ラディンの暗殺計画を描く

「復讐の果て」

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。