映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑤人生の節目

映画『グッバイ・クリストファー・ロビン』ネタバレなしの感想。児童小説『くまのプーさん』の原作者の半生を描く

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「親子」

【映画】グッバイ・クリストファー・ロビンのレビュー、批評、評価

『くまのプーさん』といえば、ディズニーでも屈指の人気キャラの一人。
そんな『くまのプーさん』は、もともとは児童小説である事実を知っていただろうか。

私は本作の存在で初めて知った。
本作は『くまのプーさん』の原作者A・A・ミルンとその息子クリストファー・ロビンの交流を描いた伝記映画となる。

1916年、徴兵されたミルンは第一次世界大戦に出征していた。従軍していたソンムの戦いでは、両軍合わせて100万人以上が戦死した。だがミルンは何とか生き延びて生還した。帰国したミルンは妻のダフネと生活を立て直そうとした。だが、空爆の音を耳にするたび、戦争のフラッシュバックに襲われ、苦しんでいた。そんな中、ダフネが妊娠して出産した子にクリストファー・ロビンと名付け、ナニー(乳母)としてオリーヴを雇った。クリストファーはオリーヴのことをヌーと呼んで懐くのだった。

クリストファー・ロビンといったら、プーさんに出てくる可愛らしい少年。
いつも困ったプーさんの手助けをしてくれる重要なキャラクターの一人。
まさかクリストファー・ロビンが原作者の息子の名前から取られた事実にびっくり。
だが、そのことが、クリストファー・ロビンの人生に大きな闇を落とす。

本作で、印象的だったのが、サリンジャーと全く同じ変化を見せるという点。
サリンジャーは世界的にヒットしている青春小説『ライ麦畑でつかまえて』の著者である。
もともと小説を書いていたサリンジャーは、徴兵されて、第二次世界大戦に出征する。

だが激しい戦争によって、精神的にやられてしまい、帰国する。
その後は人里離れた場所に引っ越し、『ライ麦畑でつかまえて』を執筆するのだ。

本作の主人公、ミルンも同じで、第一次大戦から無事に生還する。
だが、戦場での経験がフラッシュバックに頻繁に襲われる。
いわゆるPTSD(心的外傷後ストレス障害)である。
結局、サリンジャー同様にミルンも田舎へ引っ越してしまう。
どんな人間でも、死が当たり前の状況に放り込まれたら、たとえ生き延びても心に受けた傷は簡単には癒えないのだ。

他に印象的だったのは、有名人の子供の大変さ。
『くまのプーさん』を出版し、ヒットしてからはミルンは大忙し。
息子のクリストファー・ロビンは父とは遊んでもらえず、ナニーのヌーと遊ぶばかりの寂しい日々。
たまに家族で出かけると、『あいつがプーさんに出てきたクリストファー・ロビンだ!』と指を指され、家族との大切な時間を邪魔される。
学校に通い出しても有名人ってことで、階段から突き落とされたり、酷い虐めに遭う。
思わず同情する苦労に満ちた人生である。

人気作家の半生を描く史実に基づいた物語なので、興味深くは見れた。
ただ、思ったほどぶっ飛んだ人生ではないかなって思う。

もちろん戦争体験はハードなものだが、この時代に生きる人間なので、新鮮味のあるエピソードではない。
本作は日本で劇場公開されていない。
あまり新鮮さのあるストーリーがないのが、その理由なのかなとも思える。

ただ、あまりに世間がプーさんに熱狂する様子が描かれるので、ついついプーさんの長編アニメ『くまのプーさん 完全保存版』をレンタルしてしまった。
非常に面白い映画だったので、近いうちにレビュー記事をアップしたい。

成功者の苦悩が画面が伝わる、伝記映画のおすすめはコチラ。

■ソーシャル・ネットワーク

■グリーンブック

■ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

■パッドマン 5億人の女性を救った男

■アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

グッバイ・クリストファー・ロビンの作品情報

■監督:サイモン・カーティス
■出演者:ドーナル・グリーソン マーゴット・ロビー ケリー・マクドナルド
■Wikipedia:グッバイ・クリストファー・ロビン(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):63%
AUDIENCE SCORE(観客):71%

グッバイ・クリストファー・ロビンを見れる配信サイト

U-NEXT:○(有料)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(吹替・有料)○(字幕・有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2020年10月現在

-⑤人生の節目

執筆者:

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。