映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレなしの感想。連続生徒石化事件の解決に挑む

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「魔法は楽しい」

【映画】ハリー・ポッターと秘密の部屋のレビュー、批評、評価

イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが1997年に発表した、子供向けファンタジー小説ハリー・ポッターシリーズの第2巻『ハリー・ポッターと秘密の部屋』。
その映像化作品が本作となる。

シリーズは全7巻。
刊行順は以下の通りである。

ハリー・ポッターと賢者の石
★ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2

ハリー・ポッターシリーズのレビュー記事はこちら。

『ハリー・ポッターと賢者の石』

夏休み、ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。すると、ハリーのもとにドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れ、「ホグワーツに戻ってはならない」と警告する。拒否したハリーの前で、ドビーはケーキに浮遊術の魔法をかけて来客者の頭上に落下させ、これをハリーの仕業と見せかける。マグルの前で魔法を使ったと見なされたハリーは、魔法省から規定に違反したとして警告を受ける。この一件で、ダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に監禁される。だが、親友のロン・ウィーズリーとその兄フレッドとジョージに空飛ぶ車で救出され、ウィーズリー家へと向かった。

公開当時、妹に連れられ、ハリーシリーズで唯一、劇場鑑賞した作品。
あまり当時はハリー・ポッターにハマっていなかったので、この『ハリー・ポッターと秘密の部屋』もあまり楽しいとは思わなかった。

今になって改めて鑑賞したが、普通に楽しめたのは嬉しい。
特に印象的だったのは空飛ぶ車の空中遊覧シーン。
ファンタジーというかSF映画的なシーンではあるが、映像が美しいし、シンプルで空を飛ぶ気持ち良さが画面を通じて伝わってくる。

あと、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精がいじらしくて、すこぶる可愛い。
ハリーポッターシリーズで一番好きになったキャラクターである。

屋敷しもべは小さい人型の魔法生物。
特定の魔法使いに仕え、その主人や家族のために、日常の家事や雑用などの労働奉仕を行なう役割の生き物である。

貧乏くさい服に、皮と骨だけの貧相な小人。
ルックスは良くないし、性格はネガティブ。
だが、ハリーのことを心配して、不器用ながらも忠実に助けてくれる姿が可愛い。
いじられキャラとしてのリアクションが素晴らしいので、ドビーが苦しんでいる姿はなぜか笑ってしまう。
ドビーからしたら辛くて仕方ないんだろうが。
特に後半、ドビーが絡むとあるシーンは、思わずにんまりしてしまう。
今後のシリーズにも、ぜひともたくさん出てきてもらいたい。

本作も前作同様、ストーリーは謎解き要素がメインとなる。
ハリーは、ドビーからはなぜか、「ホグワーツ魔法学校に戻ってはいけない」と警告される。
だがハリーにとってホグワーツ魔法学校は本来の居場所。
自身を酷い扱いをするダーズリー家からさっさと抜け出して、仲間がいるホグワーツ魔法学校に戻りたいのが本音である。
だから、ドビーの警告を無視してホグワーツに帰るのだ。

ホグワーツではなぜか石になって瀕死となる生徒が続出する。連続生徒石化事件。
現れる『秘密の部屋』というワード。
誰が生徒を石にしたのか。
秘密の部屋とは何なのか。
果たして秘密の部屋の中に何が隠されているのか。
ハリーは、友人のロンとハーマイオニーと共に謎解きに走る。

本作は正直ストーリーが上手くないと思った。
まず『秘密の部屋』という存在だが、前作も『秘密の扉』があった。
完全に前作の要素に引っ張られている。

あと、本作のラスボスに当たる人物が、実体があってないようなもの。
存在意義がいまいちピンの来ない。
悪役の設定も魅力に欠けるし、鑑賞後もカタルシスは薄目。

たぶん、ハリーポッターシリーズの中でも『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は人気は低めではないだろうか。
ただ、ジュブナイル・ミステリーとしては一定の楽しさは担保されている。
魔法という要素も加わるので、前作が好きな人なら問題なく楽しめる。

ジュブナイル映画のおすすめはコチラ。

■小さな恋のうた

■志乃ちゃんは自分の名前が言えない

■スウィート17モンスター

■シング・ストリート 未来へのうた

ハリー・ポッターと秘密の部屋の作品情報

■監督:クリス・コロンバス
■出演者:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
■Wikipedia:ハリー・ポッターと秘密の部屋(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):82%
AUDIENCE SCORE(観客):80%

ハリー・ポッターと秘密の部屋を見れる配信サイト

U-NEXT:○(有料)
Hulu:○(見放題)
Amazonプライムビデオ:○(吹替・有料)○(字幕・有料)全8作一括レンタル(吹替・有料)全8作一括レンタル(字幕・有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2020年10月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。