映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑤人生の節目

★新作映画『82年生まれ、キム・ジヨン』ネタバレなしの感想。育児と家事に追われる妻が鬱になる

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「アイデンティティの喪失、ジェンダー問題」

【映画】82年生まれ、キム・ジヨンのレビュー、批評、評価

本国、韓国で130万部を突破したベストセラー小説家の映画化。
キム・ジヨンというありふれた名前の女性を通して、韓国のジェンダー意識、性差別を描く。
韓国で最も一般的な名字の一つであるキム、1970年代後半から1980年代初期に産まれた女子に最も多く名付けられた名前がジヨン。

結婚・出産を機に仕事を退職し、育児と家事に追われる妻ジヨン。ジヨンは常に誰かの面倒を見る自身の生活にうんざりしていた。憂鬱気味なジヨンを心配する夫デヒョン。だが、ジヨンは深刻に受け止めようとはしなかった。ある日、デヒョンの実家に帰省する。義母やほかの来客の対応に追われ、ジヨンは限界を超える。するとジヨンは自身の母親が憑依したように、文句を放つ。「正月くらいジヨンを私の元に帰してくださいよ」。他にも今は亡き、デヒョンとの共通の友人になり、デヒョンにアドバイスを送る。その時の記憶はすっぽりと抜け落ちているジヨンに、デヒョンは傷つけるのが怖くて真実を告げられず、一人で精神科に向かうが……。

本作は、アイデンティティの喪失をテーマとする。
アイデンティティ、つまりは自分らしさ、個性。
自分が自分であるための象徴がアイデンティティだ。

例えば、ボクシング一筋で、ボクシングだけをしてきた男。
この男からボクシングを奪ったら何も残らないと、男は嘆くだろう。
この男にとって、ボクシング=アイデンティティとなる。

キム・ジヨンというありふれた名前の主人公=アイデンティティの薄さを示唆する。

鑑賞して第一に思ったのは鬱は恐ろしさ。
人は大きな出来事があって唐突に崩れるのではなく、長い時間の蓄積で、静かに壊れていくということ。
もっと恐ろしいのが夫婦仲は決して深刻ではない。
むしろ、旦那のデヒョンはジヨンの体を気遣っている。
それなのに、鬱は着実に妻の体を蝕むのだ。

もちろんデヒョンにも問題はある。
些細な言動が、ジヨンの精神にダメージを与えていく。
例えば、ジヨンは育児に忙殺されて大変なのに『パン屋でパートをしたい』とデヒョンに告白する。
だが、デヒョンは『本当に君のしたい仕事なのか?』と止めさせようとする。
その対応に、ジヨンはしょんぼりするのだ。

確かにデヒョンはジヨンのためを思っての制止である。
だが、ジヨンは何か理由があって、パン屋の仕事に関心を抱いたのだ。
ジヨンの意思を決めつけて抑え込まず、デヒョンがやるべきは、『なぜパン屋の仕事をしたいんだい?』と真意を引き出すように尋ねるべきだ。
その後、出来る限り、ジヨンの意思を尊重する。

もちろん、ジヨンの鬱はデヒョンの責任のみではない。
ジヨンの学生時代のバス通学中での被害、父からの辛辣な対応など。
ジヨンは子供の頃から、女性ということで、肩身の狭い思いに苦しめられてきた。
この積み重ねが爆発したのである。

本作はエンタメとは真逆の、かなり地味なドラマ映画。
そのため、あまり評価は高くしていない。
だが、心に響く映画であることは間違いない。

男女関わらず、自分と深く関わる人間には話を聞いて、感情を引き出し、尊重していきたい。
私自身も、自分のしたいことを積極的にして、したくないことはできる限りしない。
この考えを優先して守っていきたい。

アイデンティティの喪失と戦う主人公の映画はコチラ。

■ソウル・サーファー

82年生まれ、キム・ジヨンの作品情報

■監督:キム・ドヨン
■出演者:チョン・ユミ コン・ユ
■Wikipedia:82年生まれ、キム・ジヨン

82年生まれ、キム・ジヨンを見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:-
TSUTAYA TV:-
Netflix:-
※2020年10月現在

-⑤人生の節目

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。