映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレなしの感想。ハリーが三大魔法学校対抗試合に出場し、3つの課題のクリアに挑む

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「魔法は楽しい」

【映画】ハリー・ポッターと炎のゴブレットのレビュー、批評、評価

イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが1997年に発表した、子供向けファンタジー小説ハリー・ポッターシリーズの第4巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』。
その映像化作品が本作となる。

シリーズは全7巻。
刊行順は以下の通りである。

ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
★ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2

本作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の監督を務めるのは『フォー・ウェディング』『フェイク』『ガーンジー島の読書会の秘密』のマイク・ニューウェル。

ハリー・ポッターシリーズのレビュー記事はこちら。

『ハリー・ポッターと賢者の石』

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

ホグワーツ魔法魔術学校の4年生の夏休み。ハリーは、奇妙な夢で目が覚める。その夢とは、リトル・ハングルトンにあるリドルの館(ヴォルデモートの父の実家)でヴォルデモートとピーター・ペティグリュー(ワームテール)がハリーの命を奪う計画を練っていた。そこへ現れたマグルの老人フランク・ブライスがヴォルデモートに命を奪われる内容。夏休みが明け、ホグワーツ魔法魔術学校、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの3校による「三大魔法学校対抗試合」が約100年ぶりの開催が決まる。代表選手は各校の17歳以上の生徒からひとりずつ選ばれると発表される。だが、なぜかハリーまで何者かによって選出され、4人目の代表選手として三大魔法学校対抗試合に出場することになる。

結構、面白かった。
本作の一番の見所は、三大魔法学校対抗試合という名の『試練』である。
選ばれた数人の生徒が、命の危険にも及ぶ3つの課題に挑むという流れ。

『HUNTER×HUNTER』のハンター試験。
『NARUTO』の中忍試験。
野球漫画『MAJOR』では強豪校、海堂高校へ入るためのセレクションなど。
まるで少年漫画で良く見かけるゲーム的なノリのため、ウキウキ気分で鑑賞した。

だが、この手の試練系を、私はいろんなタイプを見尽くしている。
そのせいで本作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では気になる箇所が非常に多かった。

まず、試練がいかに危険なものであるかを事前に教えてほしい。
例えば、『参加した生徒は、最初の試練で半分は命を落としてしまう』とか。
このような危険度の提示が、観客にとってスリルを感じられる前フリになるのだ。

何なら試練をクリアした際の報酬の提示もしてくれたら嬉しい。
信じられないほど強力な魔法の呪文を教えてもらえるとか。
報酬があるだけで、より、ハリーを応援したくなる。
報酬を得たあとのハリーの活躍が見たくなるため。

本作はこういった前フリは一切なく、ただ、試練に奮闘するのみである。
さすがに女性のJKローリングは、日本のバトル漫画は目を通していないのだろう。
試練の設定の作り込みは甘いと感じた。
ぜひとも、JKローリングには『HUNTER×HUNTER』をプレゼントしたい。

あと、本作で初めて他の魔法学校の存在が明かされる。
観客としてはテンションが上がるような展開だが、まったくもってワクワクしない。
他校の生徒らは、ただ普通に踊ったり、偉そうな態度で現れるだけである。

何でもっとほかの魔法学校ならではの特徴を見せてくれないのか。
他の魔法学校ならではの特殊な魔法を使えるとか。

これでは他の魔法学校を出した意味がないので残念すぎる。
正直、ホグワーツ内のみでも成立する内容。

あと、なぜか本作で初めて、ハリーと、ロン&ハーマイオニーがケンカする。
この描写はちょっと意味がわからなかった。
ケンカするならもっと意味を持たせてほしかった。

本作ではハーマイオニーがいよいよ大人の女性として存在感を示す。
美しい姿で色気を感じさせる。
さらに、ハーマイオニーが一度、ロンに怒るシーンがある。
若い女性と若い男性の性格の違いによるぶつかり合いだ。
キャラクターが生き生きした描写ですごく良かったし、ハーマイオニーの成熟具合を上手く表現していた。

キャラクターに関しては、マルフォイがもはや空気なのが気になる。
お願いだからもっとマルフォイを全面に出してほしい。
1作目ではルックスも性格もすごく印象的だったのに。
回を重ねるごとに置物になりつつあるのが悲しい。

不満点は多くなってしまったが、概ね、楽しかった。
本作を観て、いよいよ、ハリーポッターも佳境に来ていることを実感するラストを迎えたのも良い。

ファンタジーのおすすめ作品はコチラ。

■カールじいさんの空飛ぶ家

■メイドインアビス(TVアニメ)

■メイドインアビス 深き魂の黎明

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの作品情報

■監督:マイク・ニューウェル
■出演者:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
■Wikipedia:ハリー・ポッターと炎のゴブレット(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):88%
AUDIENCE SCORE(観客):74%

ハリー・ポッターと炎のゴブレットを見れる配信サイト

U-NEXT:○(有料)
Hulu:○(見放題)
Amazonプライムビデオ:○(吹替・有料)○(字幕・有料)全8作一括レンタル(吹替・有料)全8作一括レンタル(字幕・有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2020年10月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『101匹わんちゃん』ネタバレなしの感想。ディズニーアニメでベスト3に入る面白さ

「絵画のように美しいアニメ―ションに、デフォルメされたワンちゃんが可愛い名作ディズニーアニメ」

映画『サイレント・ソルジャー』ネタバレなしの感想。1944年のスペインでフランコ独裁政権打倒のため立ち上がったゲリラ兵を描く

■評価:★★☆☆☆2 「戦争」 【映画】サイレント・ソルジャーのレビュー、批評、評価 1944年にフランコ政権を打倒し、祖国の奪還を目指す4,000名ものゲリラ兵がフランスからスペインに侵入したとされ …

映画『名探偵ピカチュウ』ネタバレなしの感想。ポケモンと人が街に共存している世界観がたまらない

「ポケモンが父と息子の絆の架け橋となる」

映画『運び屋』ネタバレなしの感想。じいさんというキャラが魅力的で愛しい

「90歳の老人がクスリの運び屋をする」

映画『ダンスウィズミー』ネタバレなしの感想。アンチミュージカルの傑作

「ミュージカルが苦手な人でも楽しめるミュージカル・ロードムービー」

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。