映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレなしの感想。親の仇であるヴォルデモートの過去と弱点を探る

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「魔法は楽しい」

【映画】ハリー・ポッターと謎のプリンスのレビュー、批評、評価

イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが1997年に発表した、子供向けファンタジー小説ハリー・ポッターシリーズの第6巻『謎のプリンス』。
その映像化作品が本作となる。

シリーズは全7巻。
刊行順は以下の通りである。

ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
★ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2

ハリー・ポッターシリーズのレビュー記事はこちら。

『ハリー・ポッターと賢者の石』

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となったハリー・ポッター。ヴォルデモートとの対決に備えるため、ダンブルドアから特別授業を受けていた。ヴォルデモート=トム・リドルの出生と生い立ち、なぜ闇の魔術に手を染めるようになったかを探っていく。さらに、ヴォルデモートの不死の力を支える「分霊箱」の存在を知る。7つあるすべてを破壊するため、捜索に向かう。

冒頭からビックリさせられる展開である。
今までライバル的立ち位置でありながら、まったく活躍の場を見せなかったハリーの同級生のドラゴ・マルフォイ。
たまに現れては嫌味を吐くだけの、ザコ感満載なキャラクター。

そのマルフォイが何と、ヴォルデモートの手下に任命される流れから、本作は始まる。
さらに、まだ軟弱なマルフォイをサポートする役目として、スネイプ先生が任命される。
まさかのホグワーツから2人同時に裏切り者が誕生するのである。

上記のシリアスな流れとは反対に、髭が生え、肉体・精神が成熟してきたハリーらの恋愛模様も、本作では踏み込んで描かれる。
意中の子が別の子と仲良くして嫉妬したり、三角関係で苦しんだりと、甘酸っぱさ全開である。
裏ではヴォルデモートの全世界の支配が着実に進んでいるのに、ハリーらはお気楽に恋愛に勤しむギャップが凄い。

そもそもハリー・ポッター・シリーズは児童小説。
こういった可愛らしい展開のほうがしっくり来る。
何ならヴォルデモートなんてどうでもいいから、こういう緩いエピソードをもっと見せてほしい。

しかもホグワーツでは「魔法薬学」の新任教師としてスラグホーンがやってくる。
彼は「惚れ薬」なるものを、授業で見せたりする。
いったいこの「惚れ薬」がハリーらの恋愛にどのように絡んでくるのか。
いかにもハリーポッターの世界観らしい恋愛劇で、とてもワクワクさせられた。

一方で、ハリーポッターはジュブナイルミステリーとしての側面も強いシリーズ。
ハリーがスラグホーン先生から借りた魔法薬学の教科書には「『半純血のプリンス』の蔵書」と書かれている。
ここには、半純血のプリンスが発明した闇の呪文が多く示されており、ハリーは「魔法薬学」の教科で一気にトップになる。

本作のタイトルにもなっている謎のプリンス=半純血のプリンスはいったい誰なのか。
ヴォルデモートと何か関係があるのか。
本作の一番の謎となる。

本作はヴォルデモートの過去と弱点に迫る一年間を描くのがメインの物語。
ヴォルデモートの学生時代の回想も描かれ、興味深く鑑賞できた。
クライマックスでは衝撃の展開を迎える。

いよいよ物語が締めにかかっていると実感する帰結である。
不満点がありながらも、ずっと観続けてきたシリーズなので、寂しさを覚える展開。
最後まで鑑賞していきたい。

ファンタジーのおすすめ作品はコチラ。

■カールじいさんの空飛ぶ家

■メイドインアビス(TVアニメ)

■メイドインアビス 深き魂の黎明

ハリー・ポッターと謎のプリンスの作品情報

■監督:デイビッド・イェーツ
■出演者:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
■Wikipedia:ハリー・ポッターと謎のプリンス(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):84%
AUDIENCE SCORE(観客):78%

ハリー・ポッターと謎のプリンスを見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:○(見放題)
Amazonプライムビデオ:○(吹替・有料)○(字幕・有料)全8作一括レンタル(吹替・有料)全8作一括レンタル(字幕・有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2020年10月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。