映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1、2』ネタバレなしの感想。親の仇であるヴォルデモートと対峙する

投稿日:

■評価:★★★☆☆3(PART 1、2共に)

「魔法は楽しい」

【映画】ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1、2のレビュー、批評、評価

イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが1997年に発表した、子供向けファンタジー小説ハリー・ポッターシリーズの第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』。
その映像化作品が本作となる。

シリーズは全7巻。
刊行順は以下の通りである。

ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー・ポッターと謎のプリンス
★ハリー・ポッターと死の秘宝

今までのハリーシリーズは、上映時間の関係で原作の一部がカットされていた。
シリーズ最終作の本作は、PART 1、2と二本に分けて制作され、原作により忠実な映像化となっている。

ハリー・ポッターシリーズのレビュー記事はこちら。

『ハリー・ポッターと賢者の石』

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

セブルス・スネイプにより、命を落としたホグワーツ校長・アルバス・ダンブルドア。死喰い人(デスイーター)として帰還したスネイプは、ドラコ・マルフォイたちを連れて姿を消した。7年生に進級するはずのハリー・ポッターは、前年にダンブルドアがハリーに遺した仕事「ヴォルデモートを滅ぼす唯一の手段である、分霊箱の破壊」を遂行するため、学校には戻らず、親友のロンやハーマイオニーとともに旅に出る。ハリー達が旅をしているあいだにも、ヴォルデモートとその配下たちは着々と手を伸ばしていた。ヴォルデモート達によって魔法省は乗っ取られ、ホグワーツもまたスネイプが校長になるといった、数々の異変が起きていた。

確実に世界は破滅に向かっている。
絶体絶命の状態から始まるハリー・ポッター・シリーズの完結編である。

本作『『ハリー・ポッターと死の秘宝』は前編、後編といった感じで2本に分けて制作されている。
面白かったら各々レビューしようと思った。
だが、満足度はそこまで高くなかったので、1つの記事にまとめてレビューをしたい。

正直、このシリーズは、痒いところ手が届かない感覚がずっとあった。
今から話す内容は、『ハリー・ポッターと賢者の石』のレビューでも書いたかもしれない。

このシリーズは世界観は良い。
この世界には普通の人間に混じって魔法を使える特別な人間がいる。
魔法を使える子供たちは魔法学校に通い、密かに魔法の訓練をしている。
こんな感じのファンタジーな世界観は素晴らしい。
心底、ワクワクさせられた。

だが魔法の設定が、あまりにお粗末すぎる。
魔法そのもののルールが全く設定されていない。

例えば、魔法を使うごとに体力が消耗し、レベルの高い魔法を一度使うと、立てなくなるほどにぐったりするとか。
あるいは魔法には火や水、風といった属性があって、生まれつきで何の属性に属するかが決まっているとなど。

こういったルール・リスク・制約・制限等による『枠組み』が描かれないので、利用価値の高い魔法を、どうでもよいシーンでバンバン使うのだ。
『傷を癒す』魔法や、瞬間移動を可能とする『姿現し』という魔法など。

場面がシリアスになればなるほど、上記のような利用価値の高い魔法をなぜか使わない。
例えばPART 1でとあるキャラが重大な傷を負う。
なぜ、すぐに『傷を癒す』魔法を使わず、キャラクターたちはあたふたするのか?

あるいはPART 2で、敵に袋小路に追い詰められるシーンがある。
なぜ『姿現し』を使って瞬間移動で使わないのか?

完全に、作者の都合である。
シリアスなシーンを作れば作るほど、魔法設定の粗が見えてきてしまい、意識が映画から離れてしまう。
本当に残念だった。

他にも、前作でダンブルドアは命を落とす。
次作である本作では、ダンブルドアが『分霊箱』に関して言葉足らずだったため、仲間割れが起きる。

でもハリーポッターは死者とは会話できる世界観だ。
幽霊として、死者は浮遊し、魔法を使える連中は目視できる。
なぜダンブルドアは死者としてハリーと会話することができないのか?
挙げたらキリがないほど、設定の粗まみれである。

いっそのこと、ハリーポッターは日常系のようなストーリーのほうが良かったのではないか?

魔法の世界ではないが、『こち亀』を例に挙げたい。
主人公の警察官、両さんはゴキブリ並みに体が強い。
交通事故に遭っても、かすき傷で済む。
何なら背負った不発弾が爆破しても、入院で済む。

シリアスな世界観なら突っ込みたくなる。
だが、『こち亀』は緩い世界観だから、許されるのだ。

ハリーポッターも緩い日常系の学園生活の物語だったらよかった。
そうすれば、魔法の設定の粗なんてムシして楽しめる。
前作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の惚れ薬などが出てくる恋愛の話なんかも面白かった。

悪の帝王による世界の危機から、世界を救うシリアスなストーリーなんていらない。
心からそう思った完結編である。

ファンタジーのおすすめ作品はコチラ。

■カールじいさんの空飛ぶ家

■メイドインアビス(TVアニメ)

■メイドインアビス 深き魂の黎明

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1の作品情報

■監督:デイビッド・イェーツ
■出演者:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
■Wikipedia:ハリー・ポッターと死の秘宝(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):77%
AUDIENCE SCORE(観客):85%

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1を見れる配信サイト

U-NEXT:○(有料)
Hulu:○(見放題)
Amazonプライムビデオ:○(吹替・有料)○(字幕・有料)全8作一括レンタル(吹替・有料)全8作一括レンタル(字幕・有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2020年10月現在

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2の作品情報

■監督:デイビッド・イェーツ
■出演者:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン
■Wikipedia:ハリー・ポッターと死の秘宝(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):96%
AUDIENCE SCORE(観客):89%

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2を見れる配信サイト

U-NEXT:○(有料)
Hulu:○(見放題)
Amazonプライムビデオ:○(吹替・有料)○(字幕・有料)全8作一括レンタル(吹替・有料)全8作一括レンタル(字幕・有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2020年10月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。