映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑥バディとの友情

映画『おんなのこきらい』ネタバレなしの感想。可愛さを武器とし、男を手玉に取る女性の苦悩を描く

投稿日:

■評価:★★★★☆4

「あさとい女子の苦悩」

【映画】おんなのこきらいのレビュー、批評、評価

本作は3人組の音楽グループ・ふぇのたすの楽曲「女の子入門」から着想を得て制作された。
音楽と映画の融合を目指した映画祭MOOSIC LAB 2014の出品のために制作されており、劇中では3回、ミュージカルのように歌い出すシーンが見られる。
同映画祭において、準グランプリ・観客賞・最優秀女優賞・男優賞を獲得している。

過食症のOL・和泉キリコは、可愛さを武器に男を手玉に取ることに生きがいを覚える女性。同性から辛辣な言葉を浴びようと、嫉妬と切り捨てて意に介さない。ある日、仕事の関係で出会った幸太は、キリコの作戦がまったく通用しなかった。その日から、キリコの人生観が狂い始める。

本作の主人公は可愛さを正義とし、可愛さを追求する女性。
もちろん目的は狙った男を翻弄するため。
いわゆる『あざとい』女性である。

主題である『あざとさ』を、主演の森川葵が見事に表現している。
彼女が演じるキリコはムチャクチャ可愛いし、ムチャクチャ性格が悪い。(誉め言葉)
男である私がキリコに遭遇したら、あっさりと心を奪われ、ぼろ雑巾のように捨てられるだろう。
素晴らしい女優である。

一番、興味深く思えたのが、キリコの天然女に対する敵視。
キリコには、定期的に寝る男(バーのマスター)がいる。
彼はキリコとは決して深い関係にならず、割り切った関係をキープしている。
だが、キリコは彼が好きで、何とか本命になりたいと願っている。

そんな中、颯爽と現れた天然女が、彼と寝てしまう。
この事実を知って、キリコは天然女に異様な怒りを見せるのだ。

先日、田中みな実と弘中アナが出演している『あざとくて何が悪いの?』という番組を見ていた。
この番組内のミニドラマに天然女が出てきたとき、現代のあざとい女子代表である田中みな実は「こういう女に浮気されるのが一番腹が立つ!」と怒りを露わにした。

つまり、あざとい女性というのは、計算高さを意味する。
頭を使って男を翻弄することに全力を注いでいるからだ。
だから、能天気で、何も考えていないような天然女に持っていかれることに、腹が立つのだ。

本作を観ていて、キリコや田中みな実の怒りに思わず納得した。
女性もいろいろと戦っているんだなあと、勉強になった瞬間である。

だが「安心して」って言いたい。
天然女は、本当に天然だったら、あざとい女子よりも勝率は低いはず。
あざとい女子のが男心をくすぐっているので、狙った男は振り向いてくれやすいはず。
本物の天然女は可愛さよりも面倒臭いと思う瞬間もある。
結果、あざとい女子のほうが好きな男は多いだろう。

キリコが劇中で発言した「可愛くないと男に見てもらえない」なんて嘆いていたが、この言葉もある意味、芯を食っている。
キレイ事を排したら、見た目は恋愛において、非常に重要である。
「中身を見てほしい」なんていうブサイク男子or女子をたまに見かけるが、見た目の努力を怠る正当化をしたいだけ。
もし、本当に理想の異性を手にしたいなら、見た目を良くしない理由はゼロである。

だが、キリコには問題が1つある。
あざといだけでは、男には本気に相手にされない。
キリコが必死に磨く『見た目』は、恋愛において要素の1つに過ぎない。

その辺の男は、あざとい攻撃をするだけでメロメロになるだろう。
中には、あざとい攻撃を受けても真に受けないし、何なら、逆に突き放す男がいる。
もし、気に入った男が、そういうタイプだったらどうするのか?

本作ではまさに、キリコが出会った幸太が、あざとい攻撃が効かない男だ。
キリコは幸太に打ちのめされる。
表面だけを磨くことに必死なキリコは薄っぺらい。
その薄っぺらさを指摘され、キリコの精神はズタボロ。
果たしてキリコは幸せになれるのか。

終盤、幸太の家を訪ねたキリコはとんでも展開を迎える。
ちょっと、ここはリアリティがなくて?マークが浮かんだ。
さすがにあのシーンはありえない。
でも、その先の結末は清々しくて良かった。

色々と考えながら見てしまった映画。
女性心を知りたいなら、ぜひとも観ると良い。
なかなかレベルの高い女性の葛藤を描いたヒューマンドラマである。

女性脚本・女性監督による、女性を描いた映画はコチラ。

■ナイチンゲール

■スウィート17モンスター

■レディ・バード

おんなのこきらいの作品情報

■監督:加藤綾佳
■出演者:森川葵 木口健太
■Wikipedia:おんなのこきらい

おんなのこきらいを見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(見放題)
TSUTAYA TV:○(見放題)
Netflix:○(見放題)
※2020年10月現在

-⑥バディとの友情

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。