映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑤人生の節目

映画『はじまりのうた』ネタバレなしの感想。孤独な音楽プロデューサーと孤独な女が出会う

投稿日:

■評価:★★★★☆4

「音楽の持つ力」

【映画】はじまりのうたのレビュー、批評、評価

本作の監督を務めるジョン・カーニーの作品に、私が初めて触れたのは2016年公開の『シング・ストリート 未来へのうた』。
一目ぼれした女の子に近づくため、一人の男子高校生が「バンドをやってるんだ」とウソを吐く。
そのウソを真実にするために結成したバンドで、アイデンティティを形成していく。

私はこの映画が大好きで、劇中で演奏される『Drive It Like You Stole It』は、鑑賞から1年経った今でも聴いている。
自分でも驚き。

そんな名作を生んだジョン・カーニー監督の2013年に公開された映画が『はじまりのうた』である。
全米5館での上映が、口コミで人気を獲得し1300館にまで広がった。

自作の曲が映画に採用された恋人のデイヴとともに、イギリスからニューヨークへやってきたシンガーソングライターのグレタ。だが、デイヴの浮気が発覚し、二人は別れる。友人のスティーヴはグレタを励ますため、ライブバーで彼女を無理やりステージに上げて演奏させる。一方で、自身の拘りが強すぎるあまりに、会社から追い出された音楽プロデューサー・ダン。たまたま立ち寄ったライブバーで観た、グレタの演奏に魅了される。孤独な二人が出会い、アルバム制作をすることに。

素晴らしい映画。
恋してしまいそうなくらい、最高に雰囲気が良く、品のある映画だった。

たまたまだが、前日レビューした『ピッチ・パーフェクト』ではこんな感想を書いた。

『この手のアメリカ的なノリノリの雰囲気は私はどうも合わない。
観ていて楽しくはあるが、日本とはかけ離れ過ぎていて、共感指数は低め』

だが、本作は真逆である。
ニューヨークを舞台にしたアメリカ映画だが、雰囲気やテンションは落ち着いている。
主人公の女性グレタがボーカルを務めるバンドの曲も上品で、耳心地の良い曲を演奏する。

調べてみたら、ジョン・カーニー監督はアイルランド共和国出身。
日本と同じ島国である。
この映画の雰囲気は日本人にとって、かなり親しみやすいのではないだろうか。

とはいえ、登場人物たちはユーモラスなのもいい。
落ち着いたテンションで、軽妙な軽口を随所にぶっこんでくれる。
会話劇もかなり楽しめる。

本作は何といっても音楽である。
音楽が本当に素晴らしい。
キーラ・ナイトレイの歌声が美しくて、聞いていて癒される。
プライムミュージックに本作のサントラが追加されていたので、鑑賞後はリピートして聞きまくってしまった。
プライムミュージックに飽き足らず、レンタルして、今では外でも楽しんでいる。

あと、主人公のオッサンも良かった。
髭面で、観るからにホームレスみたいな孤独が似合う小汚いオッサンのダン。
音楽に対しての情熱が強すぎて、妥協を知らない。
そのため、会社の人間からは疎まれており、結局、追い出されてしまう。
だが、音楽のプロデュース力は本物。
キーラ・ナイトレイの素朴ともいえる曲を、大人っぽい豪華なバンド音楽へとアレンジしてしまう。

しかも、アルバムの制作場所がニューヨーク各地の街中で行うというアイディアがいい。
ダンは会社を追い出されたため、金がない。
苦肉の策で絞り出したアイディア。

だが、苦境が追い風となるのだ。
街中で、楽しげに演奏するバンドが絵になる。
何なら街中のそこかしこから聞こえる雑踏の音が楽曲の味になるのだ。

あと、ゲリラ撮影になるので、警備員にたびたび追い回される。
きっと、このメンツで、この場で演奏するのは今回限りだろう。
だから価値がある。
引き込まれる映画である。

私が特に好きな曲は『カミング・アップ・ローゼス』。

何だろう。
この映画、ストーリーがすごくひねられてるわけじゃないけど、魅力に溢れている。
音楽の可能性を教えてくれるし、儚い青春感もある。
たぶん、死ぬまでに何回も見る映画の1本となるだろう。

ぜんぜん映画の内容とは関係ないけど、キーラ・ナイトレイが歯を矯正していないのは好感が持てた。
俳優を含む、テレビなどに出ている人は基本的に歯並びがキレイ。

矯正してキレイになった歯は良い。
だが、セラミックやインプラントなどで人工的にキレイにした歯は違和感が強い。

最近は、そういう人工歯の人を良く見かける。
そんな中、キーラ・ナイトレイの矯正していない自然な歯が凄く印象的だった。
とはいえガチャガチャではない。
ちょっと歯が曲がっている程度。
自然で、本当の意味で美しい歯だった。

そんな彼女の自然な歯が、純粋な歌声に表れている気もする。

バンド映画のおすすめはコチラ。

■小さな恋のうた

■さよならくちびる

■志乃ちゃんは自分の名前が言えない

■シング・ストリート 未来へのうた

はじまりのうたの作品情報

■監督:ジョン・カーニー
■出演者:キーラ・ナイトレイ マーク・ラファロ
■Wikipedia:はじまりのうた
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):83%
AUDIENCE SCORE(観客):81%

はじまりのうたを見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(吹替・有料)○(字幕・有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:○(見放題)
※2020年11月現在

-⑤人生の節目

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。