映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『ゼロ・ダーク・サーティ』ネタバレなしの感想。2011年5月2日に実行されたウサマ・ビン・ラディンの暗殺計画を描く

投稿日:

■評価:★★★★☆4

「復讐の果て」

【映画】ゼロ・ダーク・サーティのレビュー、批評、評価

2001年9月11日の朝、イスラーム過激派テロリスト集団アルカイダによる米国へのテロ攻撃であるアメリカ同時多発テロ事件。
アルカイダのリーダーであるウサーマ・ビン・ラーディンの暗殺計画が、2011年5月2日に実施された。
本作は、当時の経緯を描いた、実話に基づいたフィクション映画となる。

監督はキャスリン・ビグロー。
社会派作品を多く手掛ける女性で、『ハート・ロッカー』では、第82回アカデミー賞、作品賞を獲得。
アカデミー賞の歴史において、史上初の女性による監督賞受賞という快挙を成し遂げた。

CIA分析官のマヤは、一向に手がかりの掴めないビン・ラーディン捜索チームに抜擢される。アメリカ国外のある秘密軍事施設”ブラック・サイト”では同僚のダン(ジェイソン・クラーク)が、アメリカ同時多発テロ事件の資金調達者とされるアマールを尋問していた。マヤとダンの前でアマールは「アブ・アフメド・アルクウェイティ」という名前を告げる。彼こそビン・ラディンの連絡係の名前であり、マヤらはアブ・アフメドを捜索することに。

圧倒されてしまった。
特にラスト30分の緊迫感が凄まじすぎる。
あまりに生々しい映像で、フィクションとは思えないリアリティ。
思った以上の迫力で、観終わったあとはぐったりである。
一度観たら忘れられない、記憶に残るシークエンスである。

もちろん、ラストに向かう過程で、驚かされた箇所がいくつかある。
第一に、ターゲットの選定。
ビン・ラディンの暗殺を描く映画なので、てっきり最初からビン・ラディンを探すものだと思っていた。

だが違う。
ビン・ラディンは9、11の首謀者である超大物なので、簡単に居場所がわからない。
そのため、まずはビン・ラディンと定期的に接触している近い人間を探すのだ。
そこで挙がったのが連絡係を務めるらしいアブ・アフメドという男。
本作はビン・ラディンよりも、むしろアブ・アフメドをあぶり出す物語である。

もう1つは、CIAとアルカイダの攻防戦の凄み。
とある人物の邸宅を、衛星カメラで捉えながら、CIAは会議を開く。
「この人間は、入り口からここまで4秒かかった。つまり女性だ」
「あれ、今の人間はもっと早いわ」
「そう、この家には複数の家族がいる」
といった会話が繰り広げられる。
凄い内容で驚いた。

衛星カメラなので顔まではわからない。
なので、わずかな情報から推測し、少しずつ全貌を暴いていくのだ。

だが、衛生カメラで把握されていることはアルカイダも理解している。
そのため、この家に住むとある重要人物は、衛星に掴まされないようにとある行動を取る。
この攻防戦が凄まじい。

そして、本作の一番の見所であるラスト30分。
あまりに生々しく、凄みのある映像はただのドキュメンタリーである。
特殊部隊による奇襲作戦のことだが、凄いとしか言いようがない。
監督のキャサリン・ピグローにはすっかりやられた。

面白いとは別の感情を覚えるシーンも多かった。
最もウッとなったのは、終盤の奇襲作戦。
突入する特殊部隊は容赦なく、女性らも撃ったりする。
もちろん撃たないようにはするんだが、ターゲットらしい人間を女性が庇ったりすると、あっさりと撃つ。

目的達成のため、関係のない人間も撃つ行動には抵抗を覚えた。
まるで節分で豆でも投げつけるかのように容赦ない。

普通の映画だったら、銃を構えながら最後の会話をしたりする。
だが、本作は見つけたら即発砲。
サイレンサーもついてるので、音も静か。
何とも形容しがたい複雑な感情に襲われた。

あと、劇中ではCIAの人間がアルカイダの襲撃を受けるシーンもある。
そのとき、私はふと思った。
「もし、アメリカが9、11の復讐などしなかったら? 武力は防衛時のみに徹していたらどうなったのか」と。

何だか子供のケンカに見えてしまったのだ。
やられたらやり返す。
いつまで繰り返すんだと。
民族浄化するまでやり続けるのかと。

ふとよぎった私のこの思案が、本作のラストの主人公の表情に繋がるんだと思う。

実際の軍事作戦を描いた傑作はコチラ。

■ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦

ゼロ・ダーク・サーティの作品情報

■監督:キャスリン・ビグロー
■出演者:ジェシカ・チャステイン ジェイソン・クラーク
■Wikipedia:ゼロ・ダーク・サーティ(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):91%
AUDIENCE SCORE(観客):80%

ゼロ・ダーク・サーティを見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(吹替・見放題)○(字幕・見放題)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2020年11月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。