映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』ネタバレなしの感想。5才の頃に生き別れた家族を探す25才の青年を描く

投稿日:

■評価:★★★★☆4

「血、家族」

【映画】LION/ライオン ~25年目のただいま~のレビュー、批評、評価

サルー・ブライアリー著『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』を原作とする映画。
原作はノンフィクション本であり、実話を基にしたドラマとなる。

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼は遂に決意する。「家を探し出す―」と。

インドで生まれた5歳のサル―。ひどい貧困ではあったが、母や兄、妹と寄り添い、笑顔で溢れる日々を過ごしていた。ある日、兄の仕事に付き添ったサル―は、ひょんなきっかけで兄と離れ離れになる。迷子となったサル―は施設に送られ、オーストラリアへ養子に出された。裕福で、愛情をたっぷり注がれたサル―は順調に育ち、成人となる。自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、生き別れたインドの家族への想い。学校の友人のアドバイスにより、Google Earthを駆使して、家族を探し出す決意をする。

タイトルからして、軽薄なお涙頂戴映画なんだろうと、甘く見ていた。
蓋を開けたらビックリ。
信じられないほど良い映画だった。

テーマである「家族」の描き方が素晴らしい。
家族って素晴らしいなって思った。

少し話が変わるが、私は友達は少ない。
器用なタイプではないので、少ない友達と深く付き合うのが好きである。

私は田舎から上京したので、地元の仲の良い友達とは年単位で会えなかったりする。
久しぶりに地元に帰ったタイミングで、昔の友達と連絡を取ってみる。
すると、携帯が変わっていたりする。
実にショックである。

一時期は毎日のように遊んでいた仲だったのに。
親友だと思っていたのは、私だけだった。
なんて風に邪推してしまう。
この時『連絡を取らないだけで、人との縁はすぐに切れる』と知った。

だが、家族は違う。
私は親はそんなに好きではないが、私から連絡を取らなくても、向こうから勝手に連絡が来る。
その連絡に返事をしなくても、決して繋りが細くなったり、途切れたりすることがない。
家族の絆は特別である。
だからサル―は5歳の時に生き別れた家族を、20年もの間、ずっと想い続けた。
結果、会いに行く決断をするのだ。

サルーを拾った、オーストラリアの両親も素晴らしい。
他人の子なのに、底なしの慈愛でサルーを包む。
こんなに聖人のような人間がいるんだなあ、と感動した。

サル―がオーストラリアの両親を気遣って、インドの家族を探しに行いこうとする悩みを相談できずに葛藤する姿が痛々しい。
サル―の気持ちはわかる。
オーストラリアの両親を傷つけたくないから。
血の繋がる家族と、血の繋がりのない家族を選ぶような葛藤に胸が苦しくなる。

オーストラリアの母スーを演じた、ニコール・キッドマンも素晴らしい。
この人の演技力は、底が知れない。
実はサルーを引き取ったのには、スーなりの特別な事情がある。
ネタバレになるので触れないが。

大変な過去を持ち、それについて劇中で説明もする。
だが説明の必要がないくらい、スーの表情からは大変な過去を持つ雰囲気が漏れ出ているのだ。
ニコール・キッドマンの演技力には脱帽である。

私は俳優には、基本的には無関心だ。
魅力的なキャラクターと面白いストーリーのみに興味がある。

だが、私の感性をぶっ壊して心を掴む俳優がたまにいる。
ニコール・キッドマンもその一人で、彼女が画面に出てくるだけでワクワクさせられる。

あと私は吹替で見たのだが、サルーンの少年時代の子役の声が良かった。
イノセント・ボイスについ癒やされてしまった。
ずっと聞いていたいくらいである。

タイトルの意味が明瞭になる幕締めも良かったし。
想定外の傑作に出会えて嬉しい。

家に帰る系の傑作はコチラ。

■それでも夜は明ける

■101匹わんちゃん

LION/ライオン ~25年目のただいま~の作品情報

■監督:ガース・デイヴィス
■出演者:デーヴ・パテール ルーニー・マーラ ニコール・キッドマン デビッド・ウェナム
■Wikipedia:LION/ライオン ~25年目のただいま~
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):85%
AUDIENCE SCORE(観客):91%

LION/ライオン ~25年目のただいま~を見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(吹替・見放題)○(字幕・見放題)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:○(見放題)
※2020年11月現在

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。