映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

③魔法のランプ

映画『累―かさね―』ネタバレなしの感想。醜い容姿に劣等感を持つ女が、顔を入れ替えられる不思議な口紅を手にする

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「美醜とアイデンティティ」

【映画】累―かさね―のレビュー、批評、評価

松浦だるまによる同名漫画『累 -かさね-』を原作とする実写映画となる。
松浦だるまは、2014年に『累 -かさね-』の前日譚となるスピンアウト小説の執筆も担当し、小説家としてもデビューしている。

幼い頃より、自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。累の母は今は亡き伝説の女優・淵透世。累は母親ゆずりの天才的な演技力を持っていたが、母とは似ても似つかない容姿に、周囲からも孤立していた。そんな累に、母が唯一遺した1本の口紅。それは、キスした相手の<顔>と自分の<顔>を一時的に入れ替えられる不思議な力を秘めていた。ある日、累の前に母を知る男・元舞台演出家の羽生田が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナと出会う。ニナはその美しい容姿に恵まれながらも、舞台女優として花開かずにいた。母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と“恵まれた美しさ”を持つニナ。二人は口紅の力を使って、顔を入れ替える決断をする。

マンガ的で素晴らしい設定。
キスをしたら顔が入れ替わる。
探せばありそうだけど、意外と目にしたことのないファンタジー設定。
シンプルで分かりやすいので、好感が持てる。

鑑賞前はそこまで期待はしていなかった。
だが、鑑賞してみてビックリ。
予想を超えた面白さで満足した。

まず、主人公である醜い容姿を持つ累。
累の内面の描き方が良かった。

累は怪物じみた演技力を持っている。
なぜかというと、小さいころから見た目に難があって、ふさぎ込んでいた女性だからだ。
累は常に誰かに成り代わり、別の人生を歩みたいと願っていた。
だから、誰よりも演技が優れているのだ。

この設定には異様な説得力があるし、思わず、累に感情移入して見入った。
入れ替わっている瞬間だけは、累は笑顔を取り戻す。
累が少しでも充実した日々を過ごせるように応援してしまった。

本作で最も素晴らしい瞬間は中盤。
ニナにはちょっとした秘密がある。
その秘密が発動してシーンが変わった時、累に変化・成長が起きているのだ。

この箇所は非常に素晴らしかった。
こういった変化・成長の見せ方には鮮度を感じて唸らされた。
まるで天地がひっくり返ったような見せ方をしていて、さらに物語にのめりこんだ瞬間だった。
詳細を伏せるので、ぜひとも直接見て貰いたいシーンの1つ。

正直、結末は微妙だった。
もっとぶっ飛んだ、想定外の結末を見せてくれることを期待した。
だが意外と普通に終わった印象。

だが、全体的に素晴らしいストーリーだった。
何より、後半で見せる、土屋太鳳の踊りには色気があって素晴らしかった。

土屋太鳳は何となく広瀬すずの下位互換な印象があった。
だが、土屋太鳳の演技やダンスは唯一無二の存在感がある。
土屋太鳳の魅力に触れられる代表作の1本。

魔法によって願いが叶い、人生が変わる作品はコチラ。
■アラジン(1992)

■アラジン(2019)

■ハッピー・デス・デイ

累―かさね―の作品情報

■監督:佐藤祐市
■出演者:土屋太鳳 芳根京子 横山裕 浅野忠信
■Wikipedia:累―かさね―(ネタバレあり)

累―かさね―を見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(Blu-ray)
TSUTAYA TV:-
Netflix:-
※2020年12月現在

-③魔法のランプ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。