映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑨組織のなかで

映画『シカゴ7裁判』ネタバレなしの感想。ベトナム戦争時の実在の被告たちを描く

投稿日:

■評価:★★★☆☆3

「思想・人種」

【映画】シカゴ7裁判のレビュー、批評、評価

シカゴ・セブンと呼ばれた実在の被告たちを描く、史実に基づいた法廷映画となる。

1968年。大統領選挙を控えた8月28日、イリノイ州シカゴで民主党の全国大会が開かれていた。それに合わせて全国から反ベトナム戦争派の若者たちが集結し、集会やデモを繰り広げていた。会場近くのグランド・パークでは、デモ隊と警察が衝突し騒乱となり、数百名の負傷者を出す事件へと発展した。共和党のニクソン政権が誕生した約5ヶ月後、デモに参加した各グループのリーダー的存在だった7人が、暴動を扇動したとして共謀罪などの罪に問われ、法廷に立つことになる。

第一印象としては、かなり難しかった。
「エンタメ性が高い」などといった世間の評価を聞いていたので、軽い気持ちで本作を鑑賞した。
だが、中身はガッチガチの法廷劇。
もともと法廷劇が好きな人や、法廷の流れを把握している人は楽しみやすいと思う。

私は法廷に関する知識に疎いため、映画の流れの理解すらもかなり大変だった。
「審理無効」など、劇中に出てくる専門用語がわからず、目の前で展開されていることを理解することすら難しかった。

・審理:裁判所等で裁判官等によって事実認定等を行う手続き
・審理無効:陪審がいくら話しても必要な数の陪審員による同意が得られなかった評決不成立のときに生じるもの

そのため、私は鑑賞中に混乱したら、一時停止をして最後まであらすじの記載されたサイトを確認。
現状までの流れを理解したら先に進む。
といった作業を3回ほど繰り返して、何とか最後まで理解して鑑賞することができた。

背景が良く分からないのも辛い。
1968年はベトナム戦争中の時代となる。
裁判を受ける連中の中には、ベトナム戦争に対する反戦の思想が強い連中も含まれる。
確かにベトナム戦争は泥沼だったという事実は耳にしたことはある。
だが、具体的に何がダメだったのか、私は詳細を知らない。
そのため、彼らがなぜそこまで政府に盾突くのか、モチベーションに共感ができない。

あと登場人物が非常に多く、理解を難しくする要因の1つだった。
本作はいくつかの反政府思想勢力があり、各グループのリーダー的存在が暴動を扇動したとして共謀罪として、まとめて法廷に立たされる。

・青年国際党
・ベトナム戦争終結運動
・民主社会学生同盟
・ブラックパンサー党

主にこの4つのグループ。
他にもグループに属さない連中も法廷内に数人、存在する。
さらに彼らは微妙に思想が異なり、ぶつかり合うシーンもある。

私は本作を楽しむことより、状況を理解することに必死だった。

この映画で何とか楽しめたのが悪役である。
主人公らを裁く判事が徹底的に悪に振り切っている。

分かりやすく、起訴された若者たちが不利になるように、ねじまげて裁判を進めていく。
私みたいな法廷に疎い人間でも、判事の悪人っぷりが伝わってきた。
そのため、自然と主人公らを応援していた。

映像の演出も素晴らしかった。
証人尋問と回想を交互に見せてくれているので、この箇所は理解しやすかった。

何よりラストシーンは胸圧だった。
いくらベトナム戦争の泥沼さが理解できなかったとはいえ、あの最後のシーンは、胸が熱くなるものがある。

強権による弾圧立ち向かう系の傑作はコチラ。

■娘は戦場で生まれた

■僕たちは希望という名の列車に乗った

■沈黙ーサイレンスー

■1987、ある闘いの真実

シカゴ7裁判の作品情報

■監督:アーロン・ソーキン
■出演者:ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世 サシャ・バロン・コーエン ジョゼフ・ゴードン=レヴィット マイケル・キートン フランク・ランジェラ ジョン・キャロル・リンチ エディ・レッドメイン マーク・ライランス アレックス・シャープ
■Wikipedia:シカゴ7裁判(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):90%
AUDIENCE SCORE(観客):91%

シカゴ7裁判を見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:
TSUTAYA TV:-
Netflix:○(見放題)
※2020年12月現在

-⑨組織のなかで

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。