映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

②金の羊毛

小説『赤・黒(ルージュ・ノワール)池袋ウエストゲートパーク外伝』ネタバレなしの感想。ギャンブル狂の男が狂言強盗に失敗し、1億の借金を作る

投稿日:

■評価:★★★☆☆3

「ギャンブル」

【小説】赤・黒(ルージュ・ノワール)池袋ウエストゲートパーク外伝のレビュー、批評、評価

『池袋ウエストゲートパーク・シリーズ』『娼年』『4TEEN』の石田 衣良による2001年の小説となる。

ギャンブルにはまって借金をかかえる映像ディレクター・小峰渉のもとに、池袋最大のカジノの売上金を狂言強盗する計画がもちかけられる。計画は成功、時給の1億円が手に入ると思った鼻先で金が奪われる。氷高組のサルが小峰と組んで、池袋を拠点にするヤクザたちの巧妙な罠から起死回生を狙う。

ギャンブルがコンセプトなので、ギャンブルをメインとした展開を期待していた。
だが、実際は普通のノワール物のサスペンス。
主人公である小峰を陥れ、1億に近い借金を抱えることとなった元凶の人間を探したり。
あるいは、現状を突破できるとある人物を探したりと、プロットが普通。
せっかく、ギャンブルをコンセプトにしているのだから、ギャンブルで問題解決していく流れを見たかった。

本作は『池袋ウエストゲートパーク外伝』という副題が付与されているだけあって、小峰の一味に、池袋ウエストゲートパークの登場人物の一人、ヤクザのサルが出てくる。(ドラマ版では妻夫木聡が演じる)

でも別に、サルがいてもいなくても、本作の物語の見所は変わらない。
サル自身が、物語の展開のために、役に立ったような展開があまり見られない。
池袋ウエストゲートパーク外伝じゃなくても良かったと思う。
Gボーイズのキングも出てくるが、友情出演程度である。
恐らく販促のために、池袋ウエストゲートパーク外伝のコンセプトでプロット制作を依頼されたのだろうが。

ちょっと不満点が多くなってしまったが、ワクワクさせられた箇所もある。
もっとも良かった箇所はフック。
冒頭で、小峰らは、池袋最大のカジノの売上金を盗む、狂言強盗を行う。
(狂言強盗:自分が金品を着服したうえで、強盗に襲われてその金品を奪われたようにふるまうこと)

成功したと思いきや、仲間である冴えないオッサンが「ごめんなさいごめんなさい」と、小峰らに銃を向けてくるのだ。
その後、分け前をすべて奪って逃亡する。

本作の起承転結の起にあたるシーンだが、このオッサンのキャラが何か良かった。
オッサンは誰かの命令によって、仕方なく、分け前をすべて奪った。
オッサンの「ごめんなさいごめんなさい」と謝罪しながら、結構ぶっとんだことをしでかすのだ。

結果的に、この起となる部分は、あっさり消化されるので、私としては不完全燃焼ではあるのだが。
個人的に、「ごめんなさいごめんなさい」と謝罪しながら、やばい所業に走るキャラが好みなので、ワクワク感を与えてくれた事実に関しては嬉しい。
要は、『仲間を裏切ってまでここまでやばいことをする理由がある、あるいは背後にやばい人物がからんでいる』ことを示唆している。

あと、石田衣良は描写が美しくて好き。
作家って、小説好きの作家と、小説をあまり読んでこなかった作家の2種類いる。

東野圭吾のようなあまり小説を読んでこなかった作家は、文体はシンプル。
描写もそこまで気合いが入っておらず、淡々と物語を紡ぐ。
東野圭吾はプロットが面白いので好きだが、石田衣良みたいな描写が綺麗な作家は、本が好きでたくさん読んできたんだろうなあと、伝わってくる。
読み心地が良くて好き。

赤・黒(ルージュ・ノワール)池袋ウエストゲートパーク外伝の作品情報

■著者:石田衣良
■Amazon:こちら

-②金の羊毛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。