映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑩スーパーヒーロー

配信ドラマ『全裸監督』ネタバレなしの感想。AVの帝王と呼ばれた伝説の男・村西とおるを描く

投稿日:

■評価:★★★★☆4.5

「裸・自由」

【映画】全裸監督のレビュー、批評、評価

本橋信宏によるノンフィクション『全裸監督 村西とおる伝』を原作とし、虚実交えて描いたドラマ作品となる。

バブル期の80年代日本。逆境をチャンスに、不可能を可能にした男がいた。アダルトビデオ業界に革命を起こした村西とおるを描く。

面白すぎる。
ストーリー、テーマ、キャラクター、音楽。
どれもが素晴らしくて、常軌を逸したクオリティに仕上がっている。

2019年8月の配信当時、世間はかなり熱狂していたし、バラエティ番組でも多くの芸人が全裸監督にまつわるネタで盛り上がっていた。
何なら2020年の年末に放送されたバラエティ番組『笑ってはいけない』でも、まだ村西とおるのネタが登場したレベル。
その理由に納得である。
これほどの完成度の高い作品がネット配信されたら、地上波のドラマなんて鑑賞する気が失せてしまう。

まずは、ストーリーが面白い。
主人公である村西とおるは、頭がいい。
英会話の教材を売る営業として働く村西とおるは、序盤こそ、営業成績が悪い。
だが、先輩に教わり、すぐにコツを掴む。

随所に村西とおるの能力の高さ、エネルギッシュさが描かれる。
確かに村西とおるは裏本などを、法を犯した商売に手を染めて、逮捕されたりもする。
だが、決して、悪人には見えない。

村西とおるには確固たる信念がある。
それは、本作のタイトルにもなっている「裸」。
裸の心を突きつけたら、人には必ず伝わる。
人と人は「裸」でぶつかれば、絶対にわかり合える。

営業時代で培ったこの信念を持って、徹底的に本物を追求する。
だから、この先の展開であるセクシービデオに関しても「俺はモザイクはキライだ」と発言する。
この言葉には深みがあり、印象的だった。

女性の裸体が普通に出てくるドラマというのもある意味、衝撃だ。
別に私は、本作に出てくる女性の裸体に興奮なんてしなかったが(ウソ)
言ってしまえば、ネット配信ドラマは、表現力の幅が広いということ。

ヒロインである佐原恵美(のちの黒木香)は、キリスト教徒の母親に清廉な生き方を強いられている。
だが、佐原恵美は、実は性に興味津々なのだ。
シャワーを浴びている最中に身体を触ったり、学校の授業でのヌードデッサンの際、パンツを見せて、モデルの男性を挑発してみたり。(このシーンは素晴らしかった)
佐原恵美は自由に生きたいと願っているし、自分を晒したい。
自分らしさの象徴である「とあるもの」を村西とおるに見せてからの流れは、思わず涙ぐんでしまった。
性を用いて、好奇心や自由を描かれる様には、心をぐっと掴まれた。

抑圧された生活にうんざりしている人には、ぜひとも観てもらいたい。

あとは昔ならではのあるあるネタを随所に盛り込んでくるのが良い。
例えば、セクシー本の修正部分にバターを塗ったら取れるなど。
私はこの世代ではないのでやったことはないが、聞いたことはある。

他にも小田和正の歌を歌ったり、友達と別れるときにバイバイではなく、「バイビー」って言ったり。
80年代感を感じられて良かった。

全体を通して、特に印象に残っているのは、やっぱり佐原恵美(のちの黒木香)を演じた女優・森田望智。
21歳とは思えない底なしの妖艶さがおぞましい。
間違いなく森田望智は、この先、女優の仕事で食いっぱぐれることはないだろう。

余談だが、実際の黒木香をYOUTUBEで観てみたが、ビックリした。
今観ても綺麗な人だし、魅力的なキャラクター。
知的でセクシーな発言をするお姉さん。
昭和の壇蜜である。
壇蜜は新鮮なキャラだと思っていたが、まさか始祖がいたとは驚きである。

今年の2021年にシーズン2が配信されるということで、すぐに鑑賞したいと思う。

自由・解放をテーマとするおすすめ作品はコチラ。

■ザ・ピーナッツバター・ファルコン

全裸監督の作品情報

■総監督:武正晴
■出演者:山田孝之 満島真之介 森田望智 小雪 國村隼 玉山鉄二 リリー・フランキー 石橋凌
■Wikipedia:全裸監督
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):-
AUDIENCE SCORE(観客):96%

全裸監督を見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:-
TSUTAYA TV:-
Netflix:○(見放題)
※2021年3月現在

-⑩スーパーヒーロー

執筆者:

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。