映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑥バディとの友情

映画『そこのみにて光輝く』ネタバレなしの感想。ある事件がきっかけて心に傷を負った男が一人の女と出会う

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「再生」

【映画】そこのみにて光輝くのレビュー、批評、評価

『きみはいい子』の呉 美保監督による2014年公開のドラマ映画。

ある出来事がきっかけに仕事を辞め、目的もなく毎日を過ごしていた佐藤達夫。ある日、達夫はパチンコ屋で使い捨てライターをあげたことをきっかけに、粗暴だが人なつこい青年・大城拓児と知り合う。拓児に誘われるままについていくと、そこは取り残されたように存在している一軒のバラックだった。そこで達夫は拓児の姉・千夏と出会う。互いに心惹かれ、二人は距離を縮めていくが、千夏は家族を支えるため、達夫の想像以上に過酷な日常を生きていた。それでも、千夏への一途な愛を貫こうとする達夫。

地味な設定のヒューマンドラマだったが、かなり心を揺さぶられた。
主人公の達夫はパチンコをしたり、ぐーたらな生活を送る青年。
外でも下着のようなだらっとした服装を身に纏い、話し方もしまりがない。
退廃的な雰囲気をまき散らしている。
どうやらワケありらしいが、序盤ではその理由は明かされない。

こんな感じで、ちょっとしたミステリー要素に牽引され、ゆっくりと物語が進んでいく。

達夫が出会った拓児の家も飛散。
拓児の父は痴呆で寝たきり。
姉の千夏は体を売って金を稼ぎつつ、父の介護も行う。
体を売らなくても良いのに、って感じではある。
だが、前科者である拓児の仕事先の面倒を見る、という条件で千夏は、中島という経営者の愛人として金を稼いでる。

物語に出てくる全ての人間がクズだったり、飛散な境遇に生きている。
コロナ禍で観るには適さない暗い映画。

だが、そんな不幸な中でも少しずつささやかな幸せを掴んでいく。
詳細は明かさないが、達夫の過去も明かされ、少しずつ、変化が訪れる。
そのため、登場人物たちに感情移入していく。

人間の心を丁寧に描いた素晴らしいヒューマンドラマだった。
物語としてはかなり地味な内容なので好みは別れるだろうが、個人的には結構タイプ。

役者も素晴らしい。
個人的に好きだったのは、拓児を演じた菅田将暉。
前科者のバカだし、歯も汚いし、パチンコばっかりしているしょうもない男。
だが、家族想いで、明るく、どこか憎めないキャラクター。
この拓児を菅田将暉は見事に演じていた。

品のない声の出し方も良かった。
やかましく聞こえるんだけど、同時に温かさもある。
菅田将暉の演技力が絶妙で素晴らしい。

『きみはいい子』も相当素晴らしい映画だったが、本作も引けを取らない良作。

傷ついた主人公の再生の描く作品のおすすめはコチラ。

■ザ・ピーナッツバター・ファルコン

■レスラー

■初恋

■ブラインド(韓国版)

そこのみにて光輝くの作品情報

■監督:呉美保
■出演者:綾野剛 池脇千鶴 菅田将暉 高橋和也
■Wikipedia:そこのみにて光輝く(ネタバレ)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):-
AUDIENCE SCORE(観客):62%

そこのみにて光輝くを見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:○(見放題)
Amazonプライムビデオ:○(見放題)、原作はコチラ
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2021年5月現在

-⑥バディとの友情

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。