映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑧バカの勝利

映画『裸の銃を持つ男』ネタバレなしの感想。デタラメなフランク刑事が巨大な陰謀に挑む

投稿日:

■評価:★★★☆☆3

「コメディは素晴らしい」

【映画】裸の銃を持つ男のレビュー、批評、評価

レスリー・ニールセン演じるバカでスケベで無鉄砲な警部補フランク・ドレビンのコメディーシリーズ『裸の銃を持つ男』の1作目となる。

一見ロマンスグレーの紳士風だが、実はかなりデタラメなフランク・ドレビン刑事が、訪米中のイギリス女王を巻き込んだ巨大な陰謀に挑む。

ふざける頻度が凄まじい。
全編を通して、平均10秒に1回はふざけている。
誇張ではなく、本当に。

とにかく、主人公フランクがふざける。
相手が凶悪犯だろうがエリザベス女王だろうが、お構いなしでふざける。

息を吐くようにふざけるので、正直、ストーリーはまったく頭に入って来なかった。
いったい、フランクは誰と、何のために行動しているのか。
クライマックス直前まで、本作の目的がさっぱりだった。

だが、ここまでふざけに振り切ってくれると清々しい。
次はフランクはどんなバカな行動をしてくれるのか、ワクワクしながら鑑賞した。

個人的に好きなのは車のシーン。
場面が切り替わり、フランクが運転する車が目的地に停車するシーンから始まるシークエンスが多い。
だが、フランクは車の運転が絶望的に下手くそ。
いつも停車に失敗して、車のフロント部分を豪快に突っ込む。
あまりに毎回やられるので、イヤでも笑ってしまうシーン。
笑いの知能指数が低すぎて、脳味噌が溶ること必至である。

80分という短さも良かった。
暇が出来たときにサクっと観られたので、この手の短時間で楽しめるコメディ作品はもっと増えて欲しい。
最近、ここまでコメディに振り切った映画は作られていない気がする。
個人的には好みなのでもっと量産されてほしい。

時間に関していうと、テンポも良かった。
本作は80年代に公開された映画。
古い映画はテンポが悪くて睡魔に襲われることが多い。
特に、古典の名作は、ストーリーは素晴らしいのかもしれないが、眠くなりがちである。

だが本作は、隙あらば、ボケや冗談をかましてくるので、観客からしたら休む暇がない。

続編があと2本あるので、もし時間があったら鑑賞したいところ。

コメディ映画のおすすめ作品はコチラ。

■エクストリーム・ジョブ

■記憶にございません!

■スウィート17モンスター

■ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

■アメリカン・パイ

裸の銃を持つ男の作品情報

■監督:デヴィッド・ザッカー
■出演者:レスリー・ニールセン プリシラ・プレスリー
■Wikipedia:裸の銃を持つ男
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):88%
AUDIENCE SCORE(観客):84%

裸の銃を持つ男を見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(字幕・有料)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2021年6月現在

-⑧バカの勝利

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。