映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

③魔法のランプ

小説『新世界より』ネタバレなしの感想。念動力を手にした1000年後の世界を描く

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「人類の未来」

【小説】新世界よりのレビュー、批評、評価

『黒い家』『クリムゾンの迷宮』『天使の囀り』『青の炎』『悪の教典』『鍵のかかった部屋』による貴志祐介著の2008年発行のSF青春小説。

1000年後の日本。人類は「呪力」と呼ばれる超能力を身に着けていた。注連縄に囲まれた自然豊かな集落「神栖66町」では、人々はバケネズミと呼ばれる生物を使役し、平和な生活を送っていた。その町に生まれた12歳の少女・渡辺早季は、同級生たちと町の外へ出かけ、先史文明が遺した図書館の自走型端末「ミノシロモドキ」と出会う。そこから彼女たちは、1000年前の文明が崩壊した理由と、現在に至るまでの歴史を知ってしまう。禁断の知識を得て、早季たちを取り巻く仮初めの平和は少しずつ歪んでいく。

貴志祐介作品は映像化に向いているのだろう。
連続ドラマになった『鍵のかかった部屋』を始めとする、多くの作品が映像化されている。
もっともメディア・ミックスされていると思われる作品が『新世界より』である。

評価も高い印象があり、期待して読んだが、割と平凡な読後感ではあった。
特に上巻、中巻は、思ったほど読むスピードが捗らなかった。
というのも、本作は、主人公らの目標が設定されないのだ。

序盤は、「呪力」と呼ばれる超能力が当たり前に使える未来、といった感じの舞台説明が淡々とされる。
主人公である渡辺早季を始めとする子供たちは、学校で超能力を学んだり、夏季キャンプに参加したりする。

設定自体は面白い。
超能力を学ぶ学校って、何だか中二病をくすぐられる魅力的な世界観。

だが、早季らの目指すべき目標が何もない。
ただ早季らの日常が描かれているだけなので、先の展開が予想しづらく、ページが捗らない。

一応、ミステリー要素はある。
小学校「和貴園」を卒業して、呪力の訓練を行う「全人学級」に入学する。
だが、「全人学級」に入学できない、能力の劣った何人かの生徒がいなくなるのだ。
いったい、彼等はどこにいったのか?先生たちが彼等を消したのか?
といったミステリーはある。

だが、早季を初めとするメイン・キャラクターたちは一応、「全人学級」に進学できているので、彼等に命の危険はない。
そのため、ミステリーとしてのエンジン要素としては少し弱い。

例えば、本作に似た設定でいえば『約束のネバーランド』がある。
施設で育てられる彼等の目標は、養子として里親に貰われること。
でもなぜか、養子としてもらわれた友達たちからは手紙の1通も来ない。
さらに施設は、不自然にも高い壁に囲まれている。
なぜなのか?

といったストーリー。
『約束のネバーランド』に関しては主人公等も養子にもらわれる立場になる可能性がある。
読者としては彼等に感情移入することで、「主人公たちの身に何か遭ったらどうしよう」と心配になり、ドキドキさせられる。

そのため、『新世界より』では、導入を魅力的に作って欲しかった。
ただ、世界観が緻密に作られていて素晴らしかった。
一部の狂った人間の成れ果てである怪物・悪鬼。
言葉を話したりする異形の生き物、バケネズミや、その他の独創的な生き物の数々。
なぜか注連縄で囲われる主人公が住む町など。
相当に作り込むのに労力・時間を費やしたであろう圧倒的な世界観は素晴らしかった。

あと、終盤の展開も素晴らしかった。
下巻からは、予想を裏切る想定外の展開で、一気にページをめくってしまった。

新世界よりの作品情報

■著者:貴志祐介
■Wikipedia:新世界より
■Amazon:小説はこちら、アニメはこちら、漫画はこちら

-③魔法のランプ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。