映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑧バカの勝利

映画『クジラの島の少女』ネタバレなしの感想。少女がマオリ族の族長になるため奮闘する

投稿日:

■評価:★★☆☆☆

「継承とクジラ」

【映画】クジラの島の少女のレビュー、批評、評価

アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた2003年公開の、ニュージーランド製作のドラマ映画。
当時13歳だった主人公を演じたケイシャ・キャッスル=ヒューズは、アカデミー賞主演女優賞の同部門ノミネートの史上最年少記録を作った。

ニュージーランドの海辺にあるマオリ族の村、ファンガラ。この村では「勇者パイケアがクジラにまたがり、遠くハワイキからこの地にやってきた-その勇者の子孫が我々マオリ族である」という伝説が古くから伝えられていた。そしてまた、代々男を族長としてマオリ族の系譜は受け継がれていた。ときは現代、族長の長男・ポロランギに娘が生まれ、彼女は伝説の勇者と同じパイケアの名が付けられた。産時の不幸から母と双子の弟が亡くなる。その痛嘆からポロランギは村を離れ、パイは祖父母のもとで育てられる。パイの祖父であり、族長でもあるコロは、後継者となるはずだった男の孫を亡くしたことに強い怒りと悲しみを感じ、”無駄な”女の子であるパイを受け入れることができないでいた。しかし純粋に孫を愛する一面も持ち合わせ、毎日パイを自転車に乗せて学校の送り迎えをするなど愛情ある絆を紡いでいく。

何となく最近は、コロナで閉塞感を覚えていて、癒やしが欲しかった。
とくに旅行への制限がひどいせいで、東京に住む私は、自然に対する渇望が強くなっていた。

「自然の描写が美しい映画」といった感じで検索し、複数サイトで、本作の名前が挙がっていたので鑑賞した。
確かに、ニュージーランドの田舎の自然が映されていて、すばらしい映像だった。
だが、良かった箇所はそのくらいである。

まずキャラクターの魅力さにかける。
主人公・パイや、パイの祖父であるコロなど、出てくる登場人物の誰もがマジメである。
マジメなのは良いんだけど、マジメ一辺倒な描かれ方をしているので、キャラクターに深みがなく、ひどく平凡である。

出来ることなら、ギャップを感じさせてくれる裏の顔を描いたりしてほしい。
例えばめっちゃマジメだけど、食い意地が張っていて、夜に隠れてこっそり冷蔵庫の中から盗み食いしたり。
あるいはめっちゃマジメだけど、実は女好きで、女遊びばかりしているなど。

こういったギャップを感じさせてくれるキャラクター造形をしてくれたら、そのキャラクターに人間味が感じられて、一気に好きになる。
だが、本作はキャラクターの魅力は皆無。
緩い感じのキャラもいるんだけど、特に面白い行動を起こしてくれるわけじゃない。

あとはストーリーもそんなに魅力を感じなかった。
女性ということで、マオリ族の族長になれず、おじいちゃんに冷たくされる少女が主人公。
少女が族長になるために奮闘する物語となっていて、まるでディズニー・アニメのようなストーリー。

だが、劇中で描かれる族長になるための訓練や試練がひどく退屈なもの。
まったくもってワクワク感を与えてくれない。
せめて目標を決めて、それを達成させられるようなゲーム性のある試練などにしてほしかった。
例えば、誰かを倒すとか、何でも良いので。

タイアハという代々部族の男にしか継承されない棒術の稽古のシーンもあるのだが、ひどいものだった。
まるで子供が遊んでいるようにしか見えない。

ただ、後半に出てくるクジラは良かった。
クジラがどんな役割で登場するかの詳細はネタバレになるので伏せるが、なぜクジラはこうも神々しい生き物なんだろうか。
唯一、本作で良かったのはクジラの神秘性である。

少女が奮闘する物語のおすすめはコチラ。

■志乃ちゃんは自分の名前が言えない

■ミスミソウ

クジラの島の少女の作品情報

■監督:ニキ・カーロ
■出演者:ケイシャ・キャッスル=ヒューズ ラウィリ・パラテーン クリフ・カーティス
■Wikipedia:クジラの島の少女(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):91%
AUDIENCE SCORE(観客):88%

クジラの島の少女を見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(DVD)、原作はコチラ
TSUTAYA TV:-
Netflix:-
※2021年7月現在

-⑧バカの勝利

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。