映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

④難題に直面した平凡な奴

映画『ヒトラーに盗られたうさぎ』ネタバレなしの感想。ヒトラーから逃れるため異国を転々とする家族を描く

投稿日:

■評価:★★☆☆☆2

「戦時中の子供の大変さ」

【映画】ヒトラーに盗られたうさぎのレビュー、批評、評価

世界的な絵本作家ジュディス・カー自身の実体験をもとに描いた自伝的小説「ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ」を実写化。
2020年公開のドイツ制作のドラマ映画。

第二次世界大戦下の1933年2月。ベルリンに住む9歳のアンナ・ケンパーは、兄のマックスと共にカーニバルを楽しんでいた。翌朝アンナは「家族でスイスに逃げる」と母から突然告げられた。ユダヤ人で辛口演劇批評家の父は、新聞やラジオでヒトラーの批判を続けていて、次の選挙でヒトラーが勝ったらヒトラー反対者への弾圧が始まるという忠告を受けていたのだ。アンナは、大好きな“ピンクのうさぎのぬいぐるみ”やお手伝いさんのハインピー、食卓、書斎、ピアノ、台所…と一つ一つに別れを告げて大好きな家を離れる。

史実に基づいた内容ということで、生々しいストーリー。
ドイツからスイス、スイスからフランス、フランスからへイギリスと、家族とともに、主人公の少女アンナが、ナチスから逃れるために、短い期間でさまざまな土地を転々とする。
まだ9歳という若さで、故郷を捨て、なおかつ、異なる言語の国に移住を繰り返すのは精神的にしんどいだろう。

私は自己主張のできない子供だったので、自分の立場だったら、かなり辛い日々となっていただろう。

言葉が通じないので、アンナが向かった先の国ではいじめられたりすることもある。
だが、アンナは、いじめに屈しない姿が印象的だった。
泣き寝入りせず、「何で私をいじめるのよ!」と反抗的な態度で、いじめっこに立ち向かう。

私が9歳の頃は、こんな強いメンタリティは持っていなかった。
ついつい戦争とは縁のない、自分の子どもの頃と比較をしながら鑑賞をした。

深刻な内容の物語ではあるし、彼女の辛さは理解できる。
だが、あまりに本作のストーリーは地味すぎる。

まず、後に絵本作家になっているという事実があるので、彼女は劇中で命を落とすことがないことが示唆されている。
そのせいで緊迫感が失われている。

さらに、ナチスが襲ってくる、あるいはナチスに関するトラブルの前兆がない状態で異国へ亡命する。
つまりアンナ一家に、生死に関わる強烈な危機に瀕する姿はまったく描かれない。
ストーリーに抑揚がなく、映画としての見所がまったくない映像に仕上がっている。

私はナチスものは良く鑑賞している。
ナチスものの共通点といったら、ナチスの悪の所業を描いた残虐な内容。

例えば『ヒトラーの忘れもの』では、戦後、ナチスが設置した何万もの地雷を、尻ぬぐいとしてドイツ軍の少年たちが撤去をさせられる。
ちょっとした気の緩みで地雷が爆破して少年たちの命が次々と失われる。
とんでもないハードな内容の映画で、涙腺を刺激された。

本作も、そういったハードさを期待していたが、まったくの皆無。
生活の苦しさは伝わってきたけど、今まで鑑賞してきたナチスものからしたら、かなり優しい内容。
正直、睡魔にも襲われた。

史実の少年・少女の危機を描いた映画のおすすめはコチラ。

■娘は戦場で生まれた

■トガニ 幼き瞳の告発

■ヒトラーの忘れもの

■僕たちは希望という名の列車に乗った

■ホテル・ムンバイ

■芳華-Youth-

ヒトラーに盗られたうさぎの作品情報

■監督:カロリーヌ・リンク
■出演者:リヴァ・クリマロウスキー オリヴァー・マスッチ カーラ・ジュリ マリヌス・ホーマン
■Wikipedia:ヒトラーに盗られたうさぎ(英語)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):75%
AUDIENCE SCORE(観客):80%

ヒトラーに盗られたうさぎを見れる配信サイト

U-NEXT:○(有料)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(有料)、原作はコチラ
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2021年8月現在

-④難題に直面した平凡な奴

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。

https://twitter.com/movies_ocean09