映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑦なぜやったのか?

小説『ある少女にまつわる殺人の告白』ネタバレなしの感想。インタビュー形式で虐待されていたらしい少女にまつわる事件が語られる

投稿日:

■評価:★★★★☆4

「虐待」

【小説】ある少女にまつわる殺人の告白のレビュー、批評、評価

TVドラマ『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』の原作者、佐藤 青南のデビュー作にあたる、2011年5月に刊行されたミステリー小説。

長崎県南児童相談所の所長が語る、ある少女をめぐる忌まわしい事件。10年前にいったい何が起きたのか―。小学校教師や小児科医、家族らの証言が当時の状況を明らかにしていく。さらに、その裏に隠されたショッキングな真実も浮かび上がる。関係者に話を聞いて回る男の正体が明らかになるとき、哀しくも恐ろしいラストが待ち受ける。

このミステリーがすごいの優秀賞に選ばれた作品。
私は、本作の著者、佐藤青南が小説に執筆について語るYouTubeを良く見ているので、どんなデビュー作を書いたのか、気になって読んだ。
感想としては、クオリティの高い物語でビックリである。
とても新人が書いたとは思えないレベルの高さで、優秀賞の受賞に納得。

まず、シナリオが面白い。
虐待を題材としたミステリー小説。
インタビュー形式で、色んな人がとある少女とのエピソードを語る。
読み進めるうちに、少女の周りの誰かが命を落としたらしいこと。どうやら少女の父親代わりの男が虐待をしていたらしいことなど。
少しずつ彼女自身や、彼女の周りで起きた事件が明瞭化していく。
じわじわと、真実に近づいて行く展開が面白くて、ついついページを捲る手が捗った。

『このミステリーがすごい』レーベルの作品なので、どんでん返し的なものが用意されていることを期待させられたし、色んな方向の結末を予想しながら、読み進めた。
結果として、予想はことごとく外れたし、想定外の展開を迎えてくれてかなり楽しかった。

文章表現も良かった。
佐藤青南は読書にハマるのが遅かったと、YOUTUBE上で語っていた。
だが、そうは思わせないほどに文章がうまかった。
シナリオの組み方も素晴らしいし、小説講座などを受けずにこの作品を作ったらしいので凄いと思う。

あと、本作を執筆後、新人賞を受賞できる自信があったそう。
理由としては、しっかりと、児童虐待について調べて作ったと語っている。(それまでの作品は調べたりせず、すべて想像で作っていたそう)
児童虐待に関する専門用語も出てきたり、虐待される児童の精神状態やそれに基づく行動も生々しく描かれている。

唯一の欠点は読みづらさ
文章自体は平易だが、全編、口語体のため、読みづらくて仕方なかった。

とはいえ、そんな欠点をふっとばすほどの面白さである。

ある少女にまつわる殺人の告白の作品情報

■著者:佐藤青南
■Wikipedia:ある少女にまつわる殺人の告白
■Amazon:こちら

-⑦なぜやったのか?

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。