映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

④難題に直面した平凡な奴

映画『ジェイコブス・ラダー』ネタバレなしの感想。戦地にいる男が敵襲を受けた瞬間、ニューヨークの地下鉄で目を冷ます

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「戦時中のアメリカの罪」

【映画】ジェイコブス・ラダーのレビュー、批評、評価

『フラッシュダンス』『ナインハーフ』『危険な情事』のエイドリアン・ライン監督による、1991年公開のサイコスリラー映画。

1971年、ベトナム戦争中のベトナム。ジェイコブ・シンガーは仲間の兵士たちとくつろいでいたが、突如の白煙噴霧と同時に敵兵の接近を告げられる。銃撃戦により仲間は次々と死亡、ジャングルに飛び込んだジェイコブも何者かに腹部を刺される。だが次の瞬間、ジェイコブはニューヨークを走る地下鉄の車内で目を覚ます。恋人のジェジーと同棲し、ごく普通の郵便局員として生活するジェイコブだが、彼の周囲に奇妙な出来事が起こり出す。徐々に現実への違和感を覚えるジェイコブ。ある日、ベトナムでの戦友ポールが現れ、ベトナムからの帰還以来、誰かに追われていると語る。ジェイコブは「1971年のあの日に何かが起こり、軍は何かを隠している」と弁護士のギャリーに相談を持ちかけるが…。

あらすじが異様に魅力的。
主人公のジェイコブは戦地で敵襲を受けたと思った瞬間に、なぜか平和なニューヨークの町で目を覚ます。
まるで、戦争に参加していたのが夢のようである。
夢か幻か。いったいどれが現実なのか。
強烈なミステリー要素に牽引され、冒頭から食い入るように鑑賞した。

しかし、物語が先に進むにつれて退屈さに襲われた。

ジェイコブはベトナム戦争の帰還兵という認識を持っている。
だが、精神が少し病んでいるのか、頻繁に幻覚のようなものを見る。

まず、この幻覚があんまりおもしろくない。
例えば目のない男が現れたり、急に顔を振り回す人間がいたりなど。
この幻覚の意味が良くわからない。
確かに怖いけど、直接的に命を奪ってくるわけでもないし。一体なんだろうか。

もっと魅力的な幻覚を見せてくれたら、興味深く鑑賞できた。
例えばホットな女性に誘われて、ついていったら、実はビルの屋上で危うく飛び降りそうになったなど。

あと、どのシーンが現実で、どのシーンが過去、あるいは妄想なのかの区別もつかないのが混乱させられる。
主に3種類の生活が描かれる。
一つはベトナム戦争の戦場。
一つは妻と子供と暮らす生活。
最後は若い女と同棲している生活。

すべて現実なのか、あるいはどれかが妄想なのか。
私はこの手の良く、現実と妄想の境が区別しづらい物語はどうも苦手である。

ただ、迎えたクライマックスは興味深い。
ネタバレになるので伏せるが、この結末で描かれることは本当にあった話なのか、それともフィクションなのか。
今もなお、真相は不明らしい。

興味深い内容ではあるが、もう少し、エンタメに振り切って分かりやすく作ってほしかった。

妄想と現実が入り交じるストーリーのおすすめ作品はコチラ。

■パーフェクトブルー

ジェイコブス・ラダーの作品情報

■監督:エイドリアン・ライン
■出演者:ティム・ロビンス
エリザベス・ペーニャ
ダニー・アイエロ
ヴィング・レイムス
■Wikipedia:ジェイコブス・ラダー
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):73%
AUDIENCE SCORE(観客):84%

ジェイコブス・ラダーを見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(Blu-ray)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2021年10月現在

-④難題に直面した平凡な奴

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。