映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑦なぜやったのか?

小説『暗闇坂の人喰い木』ネタバレなしの感想。呪われた大楠付近で凄惨を極める事件が連続して発生する

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「大楠」

【小説】暗闇坂の人喰い木のレビュー、批評、評価

本作は、探偵役の御手洗潔を玉木宏、相棒役である石岡和己を堂本光一が演じでドラマ化もされている、ミステリー小説シリーズ『御手洗潔シリーズ』の長編4作目で1990年刊行。
著者は同じく御手洗潔シリーズの『占星術殺人事件』『斜め屋敷の犯罪』の島田荘司。

さらし首の名所だった「暗闇坂」にそそり立つ樹齢二千年の大楠。この巨木が次々に人間を呑み込んだのか。近寄る人間たちを狂気に駆り立てる大楠の謎とは。とうてい信じられない怪事件に名探偵・御手洗潔が敢然と挑む。しかしながら真相に迫る御手洗も恐怖にふるえるほど、事件は凄惨を極めるものだった。

御手洗シリーズの1作で、私はこのシリーズの大ファンである。
もともと「東西ミステリーベスト100」の国内編でのミステリー小説ランキングで、2012年版では3位に選出されていたきっかけで『占星術殺人事件』を読んだのだが、これがまたとんでもない傑作で驚いた。
以降、マイペースに御手洗シリーズを読み続けている。

話はまだ反れてしまうが、私は伊坂幸太郎も好きで、結構読んでいる。
伊坂幸太郎自身も島田荘司の大ファンで、島田荘司のベスト5の1作に本作『暗闇坂の人喰い木』を挙げていた。
そのため、読むに至った。

相変わらず、御手洗の一挙手一投足が面白い。
主人公である語り手の、石岡の想像の斜め上を行く言動を幾度も見せてくれる。

例えば、表題にもなっている樹齢二千年の大楠が登場する。
この大楠の経つ場所に、かつては処刑場があったのだ。
そのせいで大楠は何かしらの呪いを纏ってしまったのか、大楠に喰われるようにして、命を奪われた人間が過去に存在している。
現在の時間軸で発生する事件も、まるで大楠に呪われたり、あるいは喰われたような命を失い方をしている。
誰もが呪いを信じ、恐れている大楠に対して、御手洗がとんでもない行動を仕掛ける。

詳細はネタバレになるため伏せておくが、随所に、相棒で本作の主人公である石岡や、読者の想像を裏切る行動を見せてくれるのが面白い。
このシリーズが長く続いている理由に納得。
もはや御手洗が出てくるだけで、「次はどんな言動でびっくりさせてくれるのか」とわくわくさせてくれる。
素晴らしいキャラクター造形である。

残念だったのが、作中で、作者の姿が見えてしまったシーンがあるということ。
この作品は、いくつかのトリックによる謎解きシーンが存在する。
その中の一つのトリックが、明らかに過去作を引きずった内容だったのが残念。
嫌でも、作者の姿がちらついてしまうので、物語に対する没入感が激しく削がれてしまった。
もっと軽いトリックでもいいから、作者の姿が見えない類いで描いて欲しかった。

長い作品だが、文体自体は読みやすいし、ミステリー要素も魅力的であるので、あっという間に読めてしまう。
やっぱり大楠という自然がミステリーの対象となっているのが興味深い。
まったく結末は読めなかったので、見事に予想を裏切る結末を迎えてくれた。

暗闇坂の人喰い木の作品情報

■著者:島田荘司
■Wikipedia:島田荘司
■Amazon:こちら

-⑦なぜやったのか?

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。