映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑥バディとの友情

映画『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』ネタバレなしの感想。モテない男がたまたま一夜を共にした女性TVキャスターを妊娠させてしまう

投稿日:

■評価:★★★☆☆3

「妊娠」

【映画】無ケーカクの命中男/ノックトアップのレビュー、批評、評価

『40歳の童貞男』で映画監督デビューを果たしたジャド・アパトー監督による2008年公開のラブコメ映画。

気ままに生きるベンはバーで出会った新人テレビキャスターのアリソンと出会い、意気投合。酔った勢いでベッドを共にしたが、その8週間後、アリソンから妊娠を告げられる。

もともと本作は、2ちゃんねる創始者のひろゆきがYOUTUBEで「ジャド・アパトー監督が好き」とおすすめしていたので、鑑賞に至った。
確かに、コメディ・シーンは面白い。
とくに感心したのはセリフである。
アメリカ映画のコメディらしい、気の利いたユーモアの連発で、クスっとできる箇所が非常に多い。
かなりセリフ部分を練り込んで作ったのではないか、と思わせる懲りっぷりである。

ただ、ストーリー自体は酷く凡庸。
主人公であるモテない男のベンがたまたま、クラブで知り合った酷く酔っ払ったTVの女子キャスター・アリソンと意気投合。
たまたま一夜をともにし、たまたま妊娠する。

アリソンはほんの出来心といった感じで、性交をした翌朝は、ベンに対してまるで無関心。
だが子供ができたことで、仕方なく、二人は交流を始める。
結末も正直、見なくても、誰もが想像できるであろう。

そのため、もう少しストーリー自体を作り込んで欲しかった。
キャラクターの作り込みは素晴らしいと思う。
だが、あまりにストーリーが想定内に進んでいくため、楽しめる箇所はなかったのが残念。

あと、上映時間が129分と、地味に長いのも気になる。
中身のないストーリーなのに2時間オーバーは、ちょっと冗長に感じる。

本作は、アリソンの姉夫婦の関係性も描かれる。
この姉夫婦の描写をもっと削っても良かったんじゃないか、って思う。

主人公カップルと姉夫婦が共に刺激を与え合って、共に成長を果たす……といった展開を描きたいのは分かる。
ただ、別に本作は重厚なヒューマンドラマではない。
削れるところは、がしがし削って、楽しい箇所だけ見せて欲しい。

とはいえ、会話劇自体は楽しいので、割と興味深く最後まで鑑賞できる。

ラブコメのおすすめ作品はコチラ。

■センセイ君主

無ケーカクの命中男/ノックトアップの作品情報

■監督:ジャド・アパトー
■出演者:セス・ローゲン
キャサリン・ハイグル
■Wikipedia:無ケーカクの命中男/ノックトアップ
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):89%
AUDIENCE SCORE(観客):83%

無ケーカクの命中男/ノックトアップを見れる配信サイト

U-NEXT:-
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(字幕・有料)○(Blu-ray)
TSUTAYA TV:-
Netflix:○(見放題)
※2021年11月現在

-⑥バディとの友情

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。