映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑤人生の節目

映画『戦場のメリークリスマス』ネタバレなしの感想。第二次世界大戦下の日本軍俘虜収容所で過ごす英国人を描く

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「国籍・文化などによる価値観の違い」

【映画】戦場のメリークリスマスのレビュー、批評、評価

『青春残酷物語』『愛のコリーダ』『愛の亡霊』の大島 渚監督による1983年公開の戦争ドラマ映画。
劇中で流れ、本作でもヨノイ役として参加している坂本龍一作曲の同名タイトル『戦場のメリークリスマス』が英国アカデミー賞作曲賞受賞している。

1942年、日本統治下にあるジャワ島レバクセンバタの日本軍俘虜収容所で、朝鮮人軍属のカネモトがオランダ人捕虜のデ・ヨンを犯す事件を起こす。日本語を解する俘虜(捕虜)の英国陸軍中佐ジョン・ロレンスは、ともに事件処理にあたった粗暴な軍曹ハラと奇妙な友情で結ばれていく。一方、ハラの上官で所長の陸軍大尉ヨノイは、日本軍の背後に空挺降下し、輸送隊を襲撃した末に俘虜となった陸軍少佐ジャック・セリアズを預かることになり、その反抗的な態度に悩まされながらも、彼に魅せられてゆく。

『戦場のメリークリスマス』はアカデミー賞や、カンヌなどの国際映画賞といった何か著名な賞を取っているわけではない。
だが、映画ファンからしたら誰もが知っている名作に数えられる1本である。
先だって音楽が有名であり、坂本龍一作曲の『戦場のメリークリスマス』のシンプルでメロディアスなピアノの旋律は誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。

私も期待して鑑賞したが、いかんせん、内容が地味でお堅い。
戦争映画ではあるが、派手な戦争シーンは皆無。
舞台は第二次世界大戦下のジャワ島にある日本軍俘虜収容所。
ここでは、敵となる連合国のイギリス人やオランダ人など、多くの外国人が日本人によって捕らえられ、捕虜として抑圧された生活を強いられる。
日本人と外国人の異なる文化や価値観などがぶつかり合って生まれた軋轢が、本作のメインテーマとなっている。

見る前から地味な内容であることは想像していたが、想像通りではあった。
そのため、鑑賞中は、早く終わって、別のエンタメ系の作品を見たくて仕方がない衝動に駆られた。
私は、一応、退屈な作品でも無理やりでも最後まで見るように心がけている。
最悪、再生速度を1、3倍速くらいにしたりして。
なぜなら、どこかで面白くなる可能性があるから。
でも、ほとんどの映画は中盤まで退屈だったら、最後まで観ても見所は皆無。

だが、本作はまさかの例外だった。
上映時間でいうと1時間30分辺り。
主人公であるイギリス人の陸軍少佐ジャック・セリアズと、陸軍中佐ジョン・ローレンスとビートたけし扮する軍曹ハラが3人で会話をするシーンがある。
捕虜の身である外国人からしたら、いつ、日本人に殺されてもおかしくない、死と隣り合わせの状況である。
そんな生死の境目である状況で、突如として流れる美しい音楽と、ビートたけしの圧倒的な存在感のある演技によって、意味が分からないレベルで引き込まれるシーンが突如として訪れる。

私はこのシーンを観た瞬間、この映画の虜になってしまった。
決して計算では作りえなかったであろう、奇跡のシーン。
おそらく作り手でも予想外だったに違いない。

その後の展開は、ジャック・セリアズの過去など、カットしても良いような微妙なシーンが続く。
だが、ラストシーンで、再び、引き込まれる映像を見せられる。

この映画がなぜ、ここまで有名になったのかが納得させられる
とにかく、坂本龍一の音楽とビートたけしが凄すぎる。
あと、デヴィッド・ボウイ扮するジャック・セリアズの神々しい美しさも魅力的。

異なる文化や価値観によって生まれたドラマを描くおすすめ作品はコチラ。

■沈黙ーサイレンスー

戦場のメリークリスマスの作品情報

■監督:戦場のメリークリスマス
■出演者:デヴィッド・ボウイ
トム・コンティ
坂本龍一
ビートたけし
ジャック・トンプソン
ジョニー大倉
内田裕也
■Wikipedia:戦場のメリークリスマス(ネタバレあり)
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):82%
AUDIENCE SCORE(観客):79%

戦場のメリークリスマスを見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(見放題)○(Blu-ray)
TSUTAYA TV:○(有料)
Netflix:-
※2021年12月現在

-⑤人生の節目

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。