映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

①家のなかのモンスター

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレなしの感想。夢の中で60年代のソーホーにタイムスリップする女学生を描く

投稿日:

■評価:★★☆☆☆2

「サイコロジカル・ホラー」

【映画】ラストナイト・イン・ソーホーのレビュー、批評、評価

『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督による2021年公開のサイコロジカル・ホラー映画。

ファッションデザインに情熱を持ち、奇妙な第六感を持つ若い女性エロイーズは、不思議なことに、憧れの歌手サンディの体で1966年のロンドンにタイムスリップしてしまう。サンディの体の中で、その時代を体験するが、その後、1960年代のロンドンが見た目とは違うことに気付き始め、過去と現在がバラバラになり、怪しく恐ろしい結果を招いてしまう。

60年代カルチャーのノスタルジックな雰囲気は良かった。
クラシカルな服装や髪型のキャラクターに、現代ではあまり見られない、ケバケバしい下品な感じの建物の装飾。
古い映画は得意ではないが、今の時代の技術でノスタルジーな世界観を作ってくれているのでとても鑑賞しやすい。
だが、本作の良かったところは世界観くらい。
ストーリーについては、かなり退屈な内容の映画だった。

共感出来る人もいると思うが、私は妄想・夢系のホラーがとにかく苦手。
結局のところ、現実ではない。
妄想や夢の中で生死に関わる危機に迫られても、現実世界ではダメージを負うことはないので、緊迫感に欠けるのだ。
そのため、登場人物に感情移入がしづらく、結果的に距離を置いて鑑賞してしまう。

本作はまさに妄想や悪夢がホラー演出のメインとなる。
怖さは少なく、入り込めなかった。

ライトノベル原作で、アニメ化もされている『ソードアート・オンライン』はうまい設定だと思う。
『ソードアート・オンライン』は仮想現実のゲームの世界での物語。
ゲームの世界で命を落としたら、現実でも命を落とすという恐ろしい設定。
そのため、手汗握りながら、主人公の行く末を追うことになる。

あと、寮のルームメイトの性格が悪く過ぎて笑える。
主人公に意地悪をするのはもちろん、男を部屋に連れ込んで、性交渉をおっぱじめたりする。
こんな頭のおかしい奴がいたら、さっさと寮の管理会社に通報したらいい。
すぐに追っ払ってくれるだろう。
にもかかわらず、主人公が寮を出て行くのは違和感を覚える。

あと主人公は服飾系の仕事をしている。
服飾と、今回の悪夢の組み合わせはどうもピンとこなかった。
もう少し服飾の必然性を盛り込んで欲しかった。

全体的にキャラクターも魅力に欠ける。
主人公は大人しいし、色恋相手の黒人も、ただ良い人の普通のキャラ。
もう少しキャラクターに特徴を設定してほしかった。
SNSでの評判は良かったが、私はついていけなかった。

超自然系ホラー・スリラーのおすすめ作品はコチラ。

■ハッピー・デス・デイ

■バード・ボックス

■聖なる鹿殺し

ラストナイト・イン・ソーホーの作品情報

■監督:エドガー・ライト
■出演者:トーマシン・マッケンジー
アニャ・テイラー=ジョイ
■Wikipedia:ラストナイト・イン・ソーホー
■映画批評サイト「rotten tomatoes」によるスコア
TOMATOMETER(批評家):76%
AUDIENCE SCORE(観客):90%

ラストナイト・イン・ソーホーを見れる配信サイト

U-NEXT:○(有料)
Hulu:-
Amazonプライムビデオ:○(吹替・有料)○(Blu-ray)
Netflix:-
※2022年5月現在

-①家のなかのモンスター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画『ミミ』ネタバレなしの感想。母が入院してしまい、残された少女がイジワルな叔母に引き取られる

「大人の男性から性的な目で見られる少女の恐怖体験」

映画『フライトナイト(1985)』ネタバレなしの感想。ヴァンパイアホラーの古典的カルト作

「ポンコツによるグダグダ退治劇が楽しめる人向け」

映画『新生 トイレの花子さん』ネタバレなしの感想。入学した中学校で、奇妙な現象が多発する

■評価:★★☆☆☆2 「学校の怪談」 【映画】新生 トイレの花子さんのレビュー、批評、評価 『金田一少年事件簿シリーズ』『池袋ウエストゲートパーク』『トリック』『SPEC』の堤幸彦と『女優霊』『リング …

映画『僕だけの先生~らせんのゆがみ~』ネタバレなしの感想。弟が家庭教師に睡眠薬を盛った姿を、姉が目撃する

「姉弟愛」

映画『オーディション』ネタバレなしの感想。嫁さがしのため、映画のオーディションを開催する

「海外で多大な評価を受けたジャパニーズサイコホラー」

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。