映画の海

約1100本の映画を鑑賞した小説家志望の男が、ネタバレなしで映画のレビューや解説を書いてます。(直近で観たものに限る。たまにアニメ・ドラマ・小説も)面白いおすすめ映画を探している人向けのブログ。

⑦なぜやったのか?

映画『名探偵コナン 紺青の拳』ネタバレなしの感想。シンガポールを舞台に伝説の宝石をめぐる謎と事件が巻き起こる

投稿日:

■評価:★★★☆☆3.5

「海外を舞台としたスケールの大きなコナン映画」

【映画】名探偵コナン 紺青の拳のレビュー、批評、評価

劇場版『名探偵コナン』シリーズの23作目にあたる2019年公開のアニメ映画。

シンガポールのマリーナベイ・サンズにあるラウンジバーで、実業家で犯罪行動心理学者のレオン・ローが弁護士のシェリリン・タンとある取引について話し合った直後、シェリリンが何者かに刺殺され彼女の車も爆破される。爆破の影響でホテルが停電し宿泊客らがパニックに陥る中、ほぼ同時刻に1階に到着したレオンが冷静に現場保存に努める。パニックも収まり、マーク・アイダン警部補率いるシンガポール警察が予備警察官のリシ・ラマナサンと共に殺害現場に到着し調べると、そこには何故か「血まみれになった怪盗キッドのカード」が残されており、その直後にマーライオンの口から赤い水が吐き出される。

私は『名探偵コナン』について、20年以上前に、原作漫画を20巻程度まで読んだ程度で、ほとんど無知。
『名探偵コナン』といえば、4~5月の時期は毎年、劇場版が公開され、興行収入も100億円近くたたき出している人気っぷり。
男よりも、女性ファンが多い印象である。
同僚にコナン・ファンがいたので、劇場版のおすすめを尋ね、本作の鑑賞に至った。

結論からいうと、普通に楽しめた。
キャラクターが魅力的すぎる。
見た目は子供だけど、頭脳は天才、といったコナンのキャラ設定が秀逸なのはいうまでもない。
私の個人的なお気に入りは、怪盗キッドである。

コナンの大人バージョンである新一にそっくりの風貌の男・怪盗キッドは、イケメンで頭も良い。
一応、コナンの敵、といった立ち位置らしい。
本作では何となく、協力し合っている。
だが、怪盗であるキッドの狙いは、タイトルにもなっている『紺青の拳』と呼ばれる宝石の奪取。

キッドの何が良いかっていうと、何でもありのキャラクター性が挙げられる。
物語用語でいうトリック・スターである。
物語において超然的な属性。
空は飛ぶわ、変装も上手いわで、無敵状態。
コナンがピンチのときには助けてくれるが、本命である『紺青の拳』はしっかりと狙っている。
キッドがハチャメチャに動いてくれるので、物語は停滞することなく、常に何かしらの興味深い展開を生んでくれている。
脚本を書いた人は、キッドの描写が楽しくて仕方なかっただろうなあと想像できる。

キッド以外にも、真面目だけが取り柄の園子の彼氏の格闘家や、蘭ねえちゃん、探偵の小五郎だったり、魅力的なキャラでいっぱい。
このキャラたちに会うために、毎年、コナンファンは劇場に足を運んでいるのだろう。

スケールの大きさも良かった。
本作の舞台は、シンガポール。
誰もが一度はテレビなどで拝見したことがあるだろう、巨大な船を屋上に載せたホテルが、本作の事件の舞台となっている。
船やホテルの内装がどのようになっているのかしっかりと見せてくれるのが嬉しかった。
「こんな風になっているのか」と胸を踊らせてくれた。
コロナで海外旅行しづらい状況下なので、世界の観光地のディティールを見せてくれて楽しかった。
序盤では、このホテルが爆破したり、後半ではハチャメチャになる。
本作の制作のために、シンガポールに許可を得たりしているのかもしれない。

ストーリー自体はシンプル。
『紺青の拳』周りで発生した命を奪われた事件の真犯人や動機を探る、癖のないミステリー。
上記の通り、キャラが魅力的なので問題なく楽しめた。

日本と海外の要素が混じった作品のおすすめはコチラ。

■沈黙ーサイレンスー

■お嬢さん

名探偵コナン 紺青の拳の作品情報

■監督:永岡智佳
■声の出演者:高山みなみ
山崎和佳奈
小山力也
山口勝平
松井菜桜子
檜山修之
林原めぐみ
緒方賢一
岩居由希子
高木渉
大谷育江
山崎育三郎
河北麻友子
■Wikipedia:名探偵コナン 紺青の拳

名探偵コナン 紺青の拳を見れる配信サイト

U-NEXT:○(見放題)
Hulu:○(見放題)
Amazonプライムビデオ:○(見放題)
Netflix:-
※2022年5月現在

-⑦なぜやったのか?

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名前:柴田
年齢:30代
小説家志望。
趣味は映画、読書、ゲーム(最近はスプラトゥーン2)、お笑い、筋トレなど。
長所は人を楽しませることに一生懸命、短所は顔が丸い。